2007年04月30日

5月のツアー日程★

遅れ馳せながら5月のツアー日程を。

の、前に本日30日は仙台・夢メッセ宮城
5/3青森・産業会館
5/5仙台・定禅寺通りオープンカフェ
5/6盛岡・岩手産業会館
5/12新潟・産業振興センター
5/13山形・ビッグウィング
5/20福島・青少年会館
5/27宮城・大崎JAグリーンユート
6/3郡山・ビッグパレットふくしま

と、各地にお邪魔します!
残念な事に秋田エリアはツアー日程に組み込まれておりませんが、
機会が有り次第、追加日程に組み込みたいなぁ、と思っておりマス。
  


Posted by 黒猫伯爵 at 08:57Comments(0)

2007年04月30日

アートでナイト♪

昨日の「ART-仙台場所」に来て下さった皆様、有難うございました!

「黒猫貴族の館」の看板が無かったので判りにくかったかな?(や、目立つので一発で判る!と人から云われる事も多いのだが。)

我輩、作品を設置したまま、その場を離れている時間もあったし。
その間、「雄勝石ギャラリエ」に鑑賞に行ったり。
・・・雄勝町産の石材(スレート)を使った作品のギャラリーなんですがね。
(たまたま、作家の齋藤先生とは若干の面識が有るもので・・・)

夜の部(笑)は一番町四丁目の「ますや履物店」前で、昼の部とはちょっと変えて・・・
夜会、と称しキャンドルを仕込んだ作品も点灯させました。

大抵の人は、得体の知れないモノを、恐っかなビックリと棒でつんつん突くよーな反応されるのですが。(大笑。)

B系ファッションの若者四人組が、やたらと食い付いてまして!(笑)
拘束具をモチーフにした新作を見て
「コレ、S〇?!繋がれてみてー!」とかって。
お前は(見掛けに依らず)M男かー!!と(心の中で)ツッコミを入れてしまいました。(爆笑)

・・・だから、違うっつーの。(や、違ってないのか???)

あと、(前にも書いたが、やっぱり来てた)宮教大のM教授(だから、マ〇゛のM、では無くイニシャルだってば!)も、
人形を仕込んだ棺作品に食い付いてましたねー。
「コレかぁー・・・」と呟きつつ。(どこで、この作品の存在を知ったのだろう?)

あと、丁度、隣で店舗のシャッターへのライヴ・ペインティングもやられてまして。
思わずペインティングの養生やら(丁度、養生テープも持ってたし。・・・←何屋や、お前は!笑。)
H氏の立体作品の撤収やら を手伝ってしまいましたよ。

こーゆーの見ると呼ばれもしないのに手伝ってしまう、嗚呼!悲しき我が性。(苦笑)

その辺の店主さんとも、何故か結構話し込んだりしてしまいました。

うーむ・・・なんだかなぁ〜(阿藤快風に♪)

  


Posted by 黒猫伯爵 at 07:13Comments(0)

2007年04月29日

芸術は戦いだ?!

今日はART-仙台場所に参戦しております。
(その中の、春のアート展に。)
開始時間ピタリに現場入りしたら、もー殆どのブース埋まってて、
会場の一番端の方、メディアテークの目の前に配置されてしまった・・・
(早い人は八時半には受け付けに並んだらしい。商売熱心な奴め。)

G.W.とゆー事もあろうが、定禅寺通りは今日、車も人出も少ねェー(涙)

それにしても、殆どの出展者が販売目的で出展しており、
我輩の様に展示ONLYで大型作品を出してる人は、ごく少数。
・・・販売目的が悪いとは云わんが、
近年は、みんな「売る目的の作品」ばかりで、面白みに欠ける。

このアート展が始まった当初は鉄オブジェだの流木アートだの
もっと面白い作家さんが居たものだがなぁ。

で、今日も我輩は時流に反旗を翻し、大型・強烈な展示作品で反撃の狼煙を上げているワケだ。(苦笑)
  


Posted by 黒猫伯爵 at 13:55Comments(0)

2007年04月28日

ART-仙台場所!(リアル黒猫貴族の館)

皆様、ご無沙汰しております。

さて、明日仙台市内にて開催されます
「ART-仙台場所」というアートイベント内にて
当方の作品展示「黒猫貴族の館」が開館です★

各ツアー先には持って往けない大型作品を始め、新作も展示しますので
お時間がございましたら是非いらして下さいませ。

場所・時間は
昼の部*定禅寺通り中央緑道(県民開館付近)・10時〜16:30
夜の部*一番町四丁目アーケード内(ディズニーストア〜1・4・1間のどこか)・17時〜21時
になります。

当方の「黒猫貴族の館」にご来館、先着15名には
「何か(内容はヒミツ★)」をプレゼント♪

なお、「ART-仙台場所」のイベント自体は明日・明後日の両日開催されますが、
当、「黒猫貴族の館」展示の参加は明日一日のみになります。
  


Posted by 黒猫伯爵 at 20:18Comments(1)

2007年04月24日

かじか汁と櫻(ツアー長岡帰路編)

一昨日のツアー現場、ハイブ長岡に来てくれた皆様、有難うございました!

ツアーの楽しみと云えば・・・(とゆーか殆ど観光目当てか?笑。)
当日の朝にもブログに書いたが、やっぱり櫻。(苦笑)

海沿いの崖にしがみついて咲いている櫻、
山里の集落の中に佇む古木の櫻、
道沿いや小川の土手の櫻並木・・・
車の車窓からではありますが、実にいろんな姿の櫻を満喫することができました。
(こんなに櫻を満喫したのは何年ぶり?いや、何年分か。)

そして、帰路は恒例の(笑)旨いモノを食す。
今回はいつもの処、温海で少々珍しいものを食せたのだ。

それは「かじか汁」!!

かじか、って川魚だよな?!(山も海も近く、旨いものが集ってる処だな温海町って。)

かじかの身も骨も皮も内蔵も、
ぶつ切りで全て入って味噌仕立ての椀。
蛋白な白身と濃く滋味溢れる内蔵。
で、頭部の皮はプリっとした食感が、また好い。
(まさに川のアンコウって感じ。)

さらに寒河江で「冷たい肉そば」を食した。
殆どグルメツアーだな。(苦笑)

と、そこまでは横の話。

ツアーで行った長岡は半年ぶり。
今回、対バン・・・もとい参加ブース数が少なかったのですが、
開場前に、あの行列・・・。
やべぇ、すげぇ人数多い!(笑)

多くのお客さん
そして、常連さんも来て下さいましたし。(喜)

今回も、ドール棺牢獄の作品をカメラに収めて往かれた方も居られました。

次の新潟エリアは5/12(土)の新潟産業振興センターで!
  


Posted by 黒猫伯爵 at 09:28Comments(0)

2007年04月22日

春風と櫻の薫り(新潟桜情報)

今日のツアー現場、新潟県の長岡市に移動中。
もう散っているかな?と思ってた櫻。
下越エリアまでは意外にもまだ満開〜散り際の見頃であったのだ。

予想外の事に、ちょい喜び。
思った以上に気温も暖かく、車の窓を少し開けて
春風と櫻の薫りを感じながらのドライビングとなりました。
特に関川村のR113沿いの櫻並木なんて満開見頃!
思わず道の駅で
休憩てがら、夜明けの櫻を愛でながら散策してしまいました。(苦笑)
  


Posted by 黒猫伯爵 at 07:08Comments(0)

2007年04月21日

定禅寺通りに毛糸の華!!

前にこのブログで紹介した通り
16日から定禅寺通りのグリーンベルトに毛糸のページェントが現れているのを
ご存じであろうか?
「定禅寺通りアートプロジェクト」と銘うたれた、このイベント、
明日22日の夕刻まで、この欅並木に毛糸の華が咲いている。

・・・惜しむらくは、この毛糸がピンク系の数色である事だ!
これが、もう一月後なら、欅の葉の若緑色に、とても映えた事であろうに。

今日と明日は、オープンカフェやライヴステージ、在仙作家の作品展示なども
行なわれておるので、
お暇な諸兄は是非、定禅寺通りに来てみたまえ。

我輩もゲリラ的に数作品を展示しておる。
(我輩の展示は今日のみ!!・・・明日は長岡に行っております。)
  


Posted by 黒猫伯爵 at 13:14Comments(1)

2007年04月17日

原稿と櫻花。

今日は原稿と格闘しておる。
勿論、我輩が各ツアー先などで配布するフリーペーパー「黒猫病理」の、である。
と、いっても、まだ下書きの下書き、といった処で、出来上がるのは
まだ先の事。

今回は「十字架の原型は、古代東北の縄文土器(?!)」という話である。

不定期刊とはいえ、本来はもっと早くに出したかったのだが(前号から半年以上・・・)
アート展やら新作やらART-CUBICさんやら・・・

風邪もひいたし、ね。

メチャ遅れ、である。

もうじき、桜の花も散るというのに、今年もまだ
マトモに櫻の花を愛でておらぬ。
(先日のオフ会も、強風で櫻の花どころの話では無かった。)
今週は原稿&作品造り、ツアーで行く長岡は、櫻散ってそうだし。
勿論来週は「アート仙台場所」に向けた作品造りで、手一杯。
5/3には青森行くけど、今年は櫻、早いから花残ってないかも。(例年だと、5/3頃って、弘前の櫻は最高の時期なのだが・・・)

今年は、櫻花、愛でずじまいか・・・(悲)
  


Posted by 黒猫伯爵 at 17:32Comments(0)

2007年04月14日

麦酒祭!

本日のオフ会に参加された皆様、有難うゴザイマシタ&お疲れ様でした!
(あの料理の内容で¥3000は無いだろー。思わず追加で御祝儀出してもたがな・・・)
強風で櫻は楽しめなかったが、酒は十分過ぎる程楽しめた!!
あの工場限定の麦酒は美味かった!!

さて、どーも我輩、オフ会でも笊のごとき云われよう。(スタッフの皆様、お疲れ様でした!)
酔って無いように思われておる。

でも酔っておるのだよ。
但し、年少の(特に女性)が同席しておると酔えないらしい我輩・・・
彼女らが心配で・・・

で、廁当番に成り果て(笑)
またオフ会終わってから今、駅前の行きつけの酒場で麦酒なぞ煽っておるワケだが。(懲りて無い)
しかも、銀河高原麦酒のスタウト。(黒麦酒)
美味いんだ、コレがまた!!
ヴァィッェンとのハーフ&ハーフは最高!!(我輩の専用の裏メニゥ。)

我輩、黒麦酒好きなので・・・
北上の「わっかビール」のスタウトも美味かったなぁ。 一関の「蔵ビール」も、なかなか・・・
青森の「卍麦雫」も、ボチボチ・・・

って、オイ!(笑)
麦酒の話だけかい!!!

ちなみに、我輩が現在、黒麦酒を呷っておる処は、駅前再開発地区で
この黒麦酒を呑めるのも、あと僅か。
駅前再開発の暁には、大塚家具が入るらしい。
  


Posted by 黒猫伯爵 at 17:08Comments(7)

2007年04月14日

恐い新型車両?!

今日、初めて新型の720系電車に乗りました。
空港アクセス線で使われてる車両と同形式のヤツ。

東北本線と仙山線でも、旧式の455系電車との置き換えで、
何編成か投入された模様ですね。
(だからか、今シーズンの春休み期間、駅に鉄ヲタが一杯ウロついてたな。)

たまたま最前車両に乗ったら、運転士さん同士の会話が聞こえてきて、
「この(新型)車両、転がりやすいから最高速度に気を付けて。」
・・・って、オイ!(恐ぇ!)

旧式の455系に比べて軽量化されて加速が良いって事なんだろうけど。

この新型に限らず、現主力の700系電車や112系ヂーゼルカー、EH500機関車もだが
何かデザインが味気無くてね〜。(悲)
今はコンピューターを使ったCAD製図になってるからか、
455系電車やED75機関車のフロントラインの、
いかにも手書きで図面引きました的な味の有る曲線が無くなりましたね。
(電車に限らず、自動車でも同じ事が云えるが。)

我輩、やっぱり昔のタイプの、
いかにもがんばって加速してます的な音と振動が有る方が好きなのですよ。
新しいヤツって、音も静かで、いつの間にか加速してた、
ってのが、実に気味悪くて嫌なのだ。

嗚呼、やっぱり我輩、旧世代アナログ人間なのか。(沈)

ついでの余談になるが、ED75形機関車だが
日立製・東芝製・三菱製の車両が有るのだよ。
同一形式にも関わらず。
(他の車両形式は、どうなのか知らんが・・・)
側面下部にメーカーマークが入ってるので、
ちょっと良く見てみたまえ。
(我輩は鉄道ヲ宅でな無いので、あしからず。)
  


Posted by 黒猫伯爵 at 09:36Comments(0)

2007年04月13日

仙台の「SOULMAET」が!!

13日の金曜日、皆様はいかがお過ごしか?

話題はソレとは全く関係なく。

AC(公共広告機構)のテレビCMで
「ゴミを減らそう〜♪」って歌ってる&出演してる女の子達をご存じかな?

我輩は昨日、このCMの存在を知ったのだが。
で、このCMに出て、歌ってる小娘達、良く見たら
仙台のコスプレ・コーラスグループの「SOULMAET」ぢゃないですかっ!!!(驚)
最初、「あれ?ZONEか?」と思ったが、あの眼鏡っ仔でSOULMAETだと気付いた。(爆笑)
眼鏡っ仔の居るグループなんて、全国探してもSOULMAETくらいのモンでしょ。
(んでも悲しいかな、やっぱり眼鏡っ仔はフロントに出れない。悲&笑)

仙台でも、知名度低いと思ってたが。
・・・このCMって、全国流れてるんだよな???

う〜む・・・
何故、このキャスティング?

コレで彼女ら、全国ヒット飛ばせる様になるのだろうか・・・?

やっぱりメンバーの中に眼鏡っ仔がポイント高いかな?(笑)
それと、あのコスチューム!!(ほとんど戦隊モノ?)
去年のジャズフェスの時も、ステージ衣裳で
本町の裏、歩いて移動しててビックリしたよ。

あんなにハッチャケてて良いのか?(笑)
確か、宮城〇院大の聖歌隊だったかコーラス部だったかのメンバーで結成されてるハズだが。

宮学、と云えば、民〇党の某女性議員や
仙台のパフォーマンスユニットの
「白A」に関わってるM女史も宮城学〇大卒だな。

なんか、キャラ立ってる人多いな。
竹矢くん、
みんな、こーゆー方々ばっかりなのか?宮学生って。(苦笑)
  


Posted by 黒猫伯爵 at 17:02Comments(0)

2007年04月09日

仙台でロック・オペラ!

も一個、アートネタを。

今年11月をメドに仙台でロック・オペラ「天国と地獄」が公演企画されており
(仙台演劇祭の時期か・・・)
現在スタッフ&キャストの募集を行なっておる由。

公開オーディションが今度の日曜、15日にエルパーク仙台で行なわれるそうなので、
(つか、半年でヤル気か?!ちょっと短くねぇか?仮屋崎・・・もといW氏。)
興味の有る方は観に行かれると良かろう。

無論、我輩も見学には逝くつもりだ。

このロック・オペラの脚本家、W氏とは以前に
黒猫貴族の凪那嬢と共にPV撮影を行なった事が有りまして、
夜中(しかも深夜。)、名取の熊野神社の境内で撮影やったっけ。(笑)
しかも、その映像は、その年の11月のアート展の映像部門で
メディア・テークで上映したんだよね〜。(おぬしも悪よのぅ〜。笑。)

その凪那嬢も今回のロック・オペラの衣裳監督に名を連ねておるな。

我輩は、自分トコのツアーと、リアル「黒猫貴族の館」で手一杯なので(苦笑)
(だから、その時期は「杜の都のアート展」が有るっつーの!)
関わらないと思われるが、大道具小道具の手伝い位はやるかもね。
・・・コソっと。(笑)

そういえば、後援に名を連ねておる、仙台インターネットマガジンのS氏、
もうアメリカ留学から戻って来てるのかな?
暫らく我輩も中本美術館には顔を出しておらんが。


・・・なんか、内輪ネタが多くなってしまったな。
(ま、仙台の業界が狭いだけに誰が誰だかバレバレだろうが・・・)

さすがに1日4本のブログ記事は疲れる・・・(滅)
我輩、この館の管理更新は全て携帯1本なので・・・(死)
  


Posted by 黒猫伯爵 at 21:41Comments(0)

2007年04月09日

定禅寺通り毛糸のページェント?!

前の記事に引き続きアートネタを。

その「アート仙台場所」の前、4月16日〜22日の予定で
定禅寺通りのケヤキに
光のページェントならぬ
「毛糸のページェント」が現われるらしい。

コレ又、現代アート作家の某氏が企画しておるとの事。
(この某氏、毛糸を空中に張り巡らせる作品で、みやぎアートコンペティションなどでも高い評価を受けていた。)

あの欅並木が、毛糸でどんな姿に変わるのか、面白そうだ。

ちなみに、21日、22日の両日はオープンカフェも開くとの事。
こちらの方も、是非行かれて観てはいかがかな。
(詳しくは、定禅寺通りの喫茶店、「カスタム」の髭のマスターに聞いてみたまえ。)

あ、21日は我輩の「黒猫貴族の館・分館」が現われるかも?(ニヤリ。)
  


Posted by 黒猫伯爵 at 20:44Comments(0)

2007年04月09日

GWは「アート仙台場所」!(リアル黒猫貴族の館。)

前にも少々書いたのだが、今月、4月29日・30日の両日に、
定禅寺通りを中心にアートイベントが開催されるのだ。

去年は「仙台アートフェスティバル」というタイトルだったのだが、
今年は「アート仙台場所」とゆータイトルになった様だ。
・・・うゎ、ダサっ!!センス悪ぅ(滅)
誰だ、決めたの。(謎)

噂によると今回は現代アート作家のK氏が大きく関わっているとか。
K氏と言えば、4年程前、仙台で「七夕オルグ・プロジェクト」という
宮教大のM教授の研究室グループが企画して行なったアートイベントにも参加していた方だ。
(その時も、あるルートから我輩の元に出張石ノ森漫画館の企画について、相談が持ち込まれたっけ。)

今回は、その宮教大のM教授も、コピーライターのY氏(今回の仙台市議選には出なかったな。前回で懲りたか?)も噂に上らぬなぁ。
まぁ、知らぬ処で暗躍(?)してるのかも知れないがな。

余談は、さて置き。(あれ?前回と同じパターンになってしまった。)

当然の如く、今回も我輩の元に出展案内が届きまして。
一応、29日のみ出展の申請を出しました。

なので、29日の10〜16時は定禅寺通りのどこかで(国分町通り以西)
リアル「黒猫貴族の館」が現われます!
そして同日17〜21時までは一番町四丁目アーケードのどこかで(141前〜ディズニーストア前)
夜の部(笑)「黒猫貴族の館〜夜会編」が現われます!
ダァクな新作オブジェ(内容は秘密★)も展示予定なので
皆様、御来場下さいます様。
  


Posted by 黒猫伯爵 at 20:20Comments(0)

2007年04月09日

サスケさん、どうでしょう。(?)

昨日の宮城県議選、投票率は最低記録更新した様であるが、
皆様は投票に逝かれたかな?
勿論、我輩も一票を投じて参った。
我輩の行った投票所、受け付けに居た係官が、
天パで、しかも顔も、あの大泉洋(水曜ど〇でし〇う、の。)氏に激似で!!(爆笑)

いや〜笑いを堪えるのに苦労しました。

余談は、さて置き。

我輩は、一番政治に真面目に取り組んでおる某党の候補者に投票した。
(政治と宗教の話題は、この場にそぐわないので秘す。)
革命志士の諸君には頑張って貰いたいものだが
(・・・秘した意味が無いよーな気が・・・)
残念な事に我輩が一票を投じた候補者が当選する事は、殆ど無い。

この事実には大きな空虚感を抱いてしまう。
確かに一票は大事だが、さりとて、我輩一人の投票行動のみでは
何も変わらないという事実・・・

しかし、投票すら放棄してしまえば、
二度と政治に対して文句を言える立場でも無くなってしまう故、
選挙には行かねばなるまい。
さて話は変わるが、岩手県知事選で落選したグレート・サスケ氏。
彼が現役の岩手県議時代に、自〇党国会議員の加〇紘一氏(山形県出身)と
「HS」とゆー庄内エリア(酒田・鶴岡)のタウン誌で対談しており
真面目に政治に取り組んでおる様に感じられた。
(現在、その「HS」誌は残念ながら休刊・廃刊の模様。内容的には硬派の記事からローカルなネタまで、とても個性的で面白かったのだが・・・。)

みちのくプロレスが仙台に本拠を移した事だし、
グレート・サスケ氏、
今度は民〇党の論客、桜〇充氏や安〇淳氏(両氏共、宮城県出身)と
ぜひ対談でもして欲しいものだ。

・・・マジでやってくんねぇかな、「COLOR」あたりで。(ムリか。苦笑。)
頼むぞ、プレス〇ート。
(今回、伏せ字の意味が全く無いな・・・)
  


Posted by 黒猫伯爵 at 19:38Comments(0)

2007年04月08日

櫻の花は死の薫り

そろそろ櫻が咲く季節である。

毎年、この季節になると「あと何回、この櫻の花が観れるだろうか?」と
感慨に耽ってしまう。

我輩の中では「櫻」イコール「櫻の花の下で切腹・自決」とゆーイメージが固まっているのだ。

我輩は自決する意志など微塵も無いが、
死後、墓など作らず
櫻の木の根元に‐肥料代わりに‐
散骨してもらいたいと考えておる。
(殺され方、の話が出たついでに、とゆー訳では無いが。)

だって、其の方が素敵でしょ?
法事などと云う線香臭い、暗く儀式的な事では無くて、
櫻の花を愛でながら気楽に思い出して貰えるのだよ?!
本来、自然な「死」(事件や事故を除く)とは
悲しむべき事では無くて
むしろ、お祝いすべき事だと考えてる我輩は変ですか???

あ、ちなみに古来「櫻」と云えば「山桜」の事を差し、
「櫻」イコール「ソメイヨシノ」という常識が
世間一般的になったのは
明治以降の事。

山桜の方がソメイヨシノより開花が遅く、
千本桜の様に集団で美しさを競うソメイヨシノなどよりも
新緑の中に佇む山桜の方が我輩的には、美しいと思うのだが。
(新緑の薄いグリーンの中にポツンと、櫻紅色の花びら、とゆーのは色彩学的にも王道だしな。笑。)
  


Posted by 黒猫伯爵 at 15:55Comments(0)

2007年04月08日

美しい死体・リターンズ

暫しのご無沙汰にて侯。

つい最近、宮城県内で立て続けに殺人事件が有りましたな。
しかも、両方共、我が館から車で20分と掛からぬ処にて。

この様な田舎で、と驚いたものだが
最近はヘタをすると都会より田舎の方が
凶悪事件が多いのでは無かろうか?

それにしても、全く美しく無い事件だな。
(こういう発言を不快に思う方々も居るだろうが、敢えて言おう・・・)

片方は撲殺という美学のカケラも感じさせぬ事件、
片や、コトに及んだ後、半裸で飛び降り?という
コレ又、死装束すら着けないという事件。
不可解。

殺されてしまった方も、
こんな最後を遂げたくは無かったろう。
心から御同情申し上げる次第だ。

犯人の心の中に「何が美しいか」という意識が
もし有ったなら、こんな美しくない事件なぞ
起こらなかったに違い無い。(安倍首相の「美しい国」発言では無いが・・・。)
・・・少なくとも、そんな殺し方はしなかっただろう。

もし我輩が殺される様な事が有るならば、
黒い死装束を整えた上で
正面から腎臓(心臓では無いよ)をひと突き、が望みかな。
(腎臓だと、出血が体外に出にくいらしいとか。)

あー、それにしても何と
不謹慎な文だ。(苦笑)
  


Posted by 黒猫伯爵 at 15:21Comments(0)