スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2008年06月04日

ガソリンとアルコール燃料。

前の日記で書いたが、値上げ直前に給油して…
一晩経って6月1日になったら、
既に朝イチからガソリンが¥170円台…

ぅわっつっ!!高価ぃいぃー!!


ぁ、その6月1日の酒田労働者福祉センターの現場に来て下さった皆様、有り難う御座いました★

今回も予想以上の混み様で。

いつもの皆様も来て下さり、楽しめました〜vV

今回はちと危うい血塗れグル〜ミ〜も登場♪
…何だ。アレだって皆、分かってるんだな。(←何の事だょ!)


いつも微妙〜…と思うのが。
現場のエレベーター内で、
酒田BAY・WAVE(だっけか?)とゆーコミュ二ティFMの音声が流れている事だな。

エレベーター内だけ…

何処に意味が??

微妙〜…(・ω・;)


さてさて。
結局、酒田から帰って来てから、
またガソリン(高価くなったのを!!)を給油した訳だが。


そーいえば、アルコール燃料(バイオ・エタノール燃料)って、
実際使ってみたら、どーなんだろ??

現在、日本国内では殆ど使われていないと思ったが…(まだバイオ・ディーゼルの方が普及してるか?)

アルコール燃料っても、『エチルアルコール』と『メチルアルコール』って有って。
我輩の僅かな記憶だと、アメリカのインディ・カーとかドラッグ・レース(ゼロヨン)のマシンは、
ガソリンでは無く、アルコール燃料を使用していた筈だが。

意外とゆーか、何とゆーか…


ぢつは60数年程前、日本国内でアルコール燃料が使用された事が有る。一部で。

当時、第二次世界大戦末期。
航空用ガソリン不足に悩む日本軍で、
ガソリンにアルコールを混合して使った様だ。

…戦闘に使う一線機では無く、あくまで後方の練習機での使用だったらしいが。

混合比率も各種検討・試験され、
最大50%混合までされたとか。

結果、純ガソリンより、馬力は落ちるが、トルクが向上したデータが残ってる。

まぁ、ガソリンよりアルコールの方が燃焼速度が遅いので、
ディーゼルの様なトルクの粘りが出るのは当たり前か。

…本来、ガソリンって極めて引火性が高くて燃焼速度が早い(つか、爆発燃焼。)とゆー危険な代物なのだよ。
あまり気に留めず使ってるけどね。
ディーゼル燃料(軽油)の方が引火点が高いので火が付きにくくて、
安全性が比較的高い。(あくまでガソリンと比べれば、だが。)

休題閑話。

その際、始動性が極めて悪くなるとか、特定の金属の腐蝕を早めるとかの問題も有ったみたい。

後は、アルコール混合燃料の方が、
燃料消費量が増加(つまり燃費が悪くなった!)したとか…?
ちと、コレの理由は謎。(自動車と違い、あまりスロットル操作しないとか、変速機が無いとかの違いが有るからか?)


あまり話題にならないが、アルコール燃料にも問題が無い訳では無いのだよ。
ぢつは、燃焼時に有毒のアセトアルデヒドを発生してしまうのだ。


…有毒ガスで思い出したが。

ハイブリッドカーも、一旦事故を起こすと思わぬ危険が有る。

トヨタの『プリウス』なんかも、事故ったら下手に近付くな!!…とはメカニックの間では常識らしい。
…有毒ガスが発生する場合が有るからだとか。

アレ?!
プリウスってニッケル水素電池だっけか??

普通の車にも使われてる鉛バッテリーなら、
ショートすると有毒の塩素ガスが出るのは常識だが…?(因みに、過充電すると水素ガスが出て…爆発の危険も。)


…結局、何の話だか判らなくなったな。

アレだ。

普段気にも留めないが、自動車って危険な代物をいっぱい使って走っているのだよ、と。

第二次世界大戦末期、菜種油や松の根っこから精製した『松根油』さえも使った…と記録に残っているので、
ガソリン価格が高騰した今、
当時の資料を漁って代替燃料を開発してみるのも一興…(笑)


そして、我輩自身のアルコール燃料も…



…って、コレがオチかぃ!!
  


Posted by 黒猫伯爵 at 08:41Comments(0)