スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2009年06月07日

…何の為に?(-"-;)

例によって。

今日も(…日付変わったから昨日か)作業しながら、TVで報道特集なんぞを観てた訳だ。

番組後半、自動車関連の下請け工場の【改善】を特集してて。

…昔、我輩も工場勤務で【改善】は仕事でやってました。
(…数年で身体壊して辞めたがねw)


しかし…

その番組の内容観てて思ったのだが…

【改善】→【生産性向上】→【利益アップ】
理屈では、そうだ。

その中には、作業員に対しても
【バラつきを無くす】事、【無駄な時間を無くす】も重要な課題として求められる。
(我輩も経験上…)


だから、生産性向上の為には
【一定レベルの人間】を【休み無く動かす】様にする訳だ。

と、言えば聞こえは良いが、ぶっちゃけ…

動作が遅い者、障害者、高齢者、他、特性が少数派に属する人間は外す。
そして、間断無く作業員の手を動かさせる。


それが競争に生き残る為だ。
…と言うのが常識の世の中。


…番組観てたら、途中から凄く気味が悪くなって来た。


確かに、労働時間内は休まず働く…理屈は、そうだ。
食う為、生活の為に働く…コレも当然だ。


それでも尚…腑に落ちない。


それまでして働いて、何が残る???

そこまでやらなきゃ、食って行けない世の中って???


【何の為に働くのか】
思わず考え込んでしまった。


や、食う為(言い換えれば、お金を得る為)だし、
人によっては、社会の為とか家族の為、なんて抜かす輩が居るかも知れない。

或いは…仕事が趣味、なんて人も居そうだが…
その場合、趣味とは自主的な行為の事だから、
上から生産目標とかノルマを課せられた時点で、
既に趣味で働いてます…なんて言えんわな。(苦笑)


話がそれた。


何が言いたいか、って。

生活して行く為には働くのは当然としても、
あれ程、身を粉にして。
心身共に磨り減らす位働かないと生活出来ない、
…それに疑問すら感じず当たり前になってしまってる世の中。


此処に、物凄い【薄気味悪さ】を感じたのだ。

自由主義経済、貨幣・資本主義経済の名の基に、
必要以上に我々一般人は無理矢理働かされているんぢゃないか???


ある研究に拠ると…
縄文時代は日々の糧を得るのに必要な時間は、平均4時間だという。

何の為に、現代人は8時間も働かされてるのだ???

【お金】の為?

貨幣に振回され過ぎぢゃないか??
  


Posted by 黒猫伯爵 at 00:32Comments(0)