スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年05月20日

坂本龍馬は大嫌い!!

…なのだ、我輩。


何か、生理的に好きになれない。
(我輩に流れる東北人の『血』の所為か?)

どうして、世間一般で、これほど坂本龍馬がモテ囃されるのか理解出来ぬ。

確かに、倒幕→明治新政府へと移行するのに
重要な役割を果たしたのではあろうが…

結局は
【権力を取って天下を動かした】
という事だ。

つまり、どっちみち【権力】に寄り掛かって、
権力を頼りに事を成そうとした…
という処に変わりは無い。


…此所だ。

多分、此所が、我輩が坂本龍馬を好きになれない理由だ。

我輩、反権力・反天皇・アンチ巨人だし。(苦笑)

政府や権力に頼らず、自主自立で事を成し遂げた人物の方が、余程好きになれる。

例えば、明治初期に生まれた会津出身の

【松江春次】。

彼は努力の末、日本初の角砂糖生産に成功し、
サイパンに『南洋興発(株)』を設立して製糖業に乗り出す。

当時、日本の移民政策で入植事業に失敗した
サイパンの日本人を救ったという。
(※↑ろくすっぽ現地調査も無しで、南洋の楽園として日本政府が騙し討ち同然に入植を斡旋した。※)


その後、南洋興発(株)は水産・繊維・貿易…と

『北の満鉄(満洲鉄道)・南の南興(南洋興発)』
と呼ばれる程の成長を遂げるが、

その松江春次自身は、質素な暮しを変えず、
故郷の工業高校に莫大な寄付をしたり、
医療・教育に支援を続けたという。


…うーん素晴らしい。

企業の社会還元というのは、こういう事を指すのだ。

利益ばかり追求する資本家の豚共に教えてやりたい。


さて…

その南洋興発だが…

時代は急を告げ、日本の軍国体制に飲み込まれて行く。

後には、特務機関の隠れ蓑にされる事も。

…因みに、ビルマ(ミャンマー)独立を推し進めたのも、
日本の特務機関である。

現地でビルマ独立の父『雷将軍』と慕われたのが、
その特務機関員の日本人なのだ。
(同じく独立戦争に参加した救国の英雄が、ビルマ民主化運動のスー・チーさんの祖父、アウン・サン将軍。)

この辺は映画『ムルデカ』にも一部出てたかな?


残念ながら結局、終戦と共に南洋興発は消え去ってしまうのだが…


さて、その松江春次の兄、松江豊寿は人道的な軍人として評価が高い。
(映画『バルトの楽園』にもなった。)


『坂の上の雲』で有名になった秋山兄弟並に知名度が有っても良いと思うのだが。
  


Posted by 黒猫伯爵 at 09:55Comments(0)