スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年04月30日

会津戦線異常なし

…という訳で、昨日のツアー現場、会津アピオスペースに来て下さった皆様、有り難う御座いました★

桜も散り始めの見頃です。


いやー…

大震災以降、こーゆー平和な日常感覚を忘れてましたねぇ…(´ω`)

福島の会津地方は、全く地震被害は見当たらず。
日常そのものです。

ここ数年、今の時期に毎回山形〜米沢経由で会津に行くんですが。

山形も、馬見ヶ崎川の桜並木が満開でしたねぇ♪♪(´ω`)

米沢の外れ、山側の方は、まだ残雪が残ってて。
…去年より、残雪の量が多いんでないかい??
そして、山菜採りの人達が続々。(笑)

災害関係の車が一台も走って無くて。

平穏無事です。

皆様是非、福島の会津や、山形、米沢へGO→♪♪


…宮城の我輩が住んでる地域では、建物が倒壊してたり道路に段差が出来てたり。
国道4号を車で1時間以上走っても、延々と被害の跡が続いてて。
復旧支援や緊急輸送の車、自衛隊の車が列をなして走ってる状態で、
それを毎日眼にしてるから、
まるっきり『戦場』に居るみたいな感覚なんですよ。
スーパーなどの商品も、まだまだ充足率が低いですし。


ましてや、青森からいわきまで、海沿いを車で何回も走ってる我輩としては、
その距離感を、実感として持ってる訳で…
(八戸〜仙台間は海沿いの国道45号で6〜7時間以上、仙台〜いわき間は国道6号で3時間弱)

トータル12時間近くも車で掛かる区間が、
今回の津波で総て被害を受けてる訳ですから、
もう、もの凄い広範囲の被害で、
まるで日本全体が駄目になってる様な錯覚が有ったんですね、正直。

でも、奥羽山脈を越えると、全然別世界。
平穏無事。こんな平和な感覚を、すっかり忘れてたなー。

そーいえば、阪神大震災の時も、
三宮から電車で三十分の大阪市内は、ほとんど被害の跡が無くて、
別世界だなって感じだった。


とはいえ。

今回、同じ福島県でも、会津はこの通り全く被害は無し。

ところが、中通りの須賀川市(郡山市の南)では、
市役所庁舎も大被害を受けて機能喪失、
TV報道でも殆ど取り上げられない為に、
支援物資やボランティアも全然入って来ないとの話。

どうしても、浜通りの津波被災地や原発被災地が報道の中心になるから、
それ以外の被災地(福島の中通りも震度6…通常なら大ニュースになる規模だ。)が、
忘れられてしまいがちになりますね。
  


Posted by 黒猫伯爵 at 08:29Comments(0)

2011年04月26日

ツアー再開!!

とゆー訳で、皆様お待たせ致しました〜


ようやく復活です。

取り敢えず、今月(と言っても残り少ないが)は…

4/29【会津】アピオスペース

から再開です!!



…ちと車の調子も悪いんで、行けなかったらスマン←←←

そろそろ買い替え時だったんだが、
今回の大震災&津波で、中古車需要が急増した様で、
安い軽の中古車が無いみたいなんだよね〜〜〜

誰かくれ←←←



一応来月の予定も。

5/8【新潟】新潟産業振興センター
5/15【山形】山形ビッグウィング
5/22【岩手】奥州市水沢Zホール(未定)
5/28,29【仙台】定禅寺通り・『杜の都のアート展』(屋外展示・雨天中止)



そうそう、大震災以降、予定していた山形・気仙沼・新潟・仙台は、
行けなかったり会場が使えなかったり中止になったり…
自然災害とはいえ、楽しみにしていた皆様には申し訳ない。


いわきも、今後どうなるんだろう??
もし有ったとしても、福島原発のせいで、国道6号を行けないから、
郡山から49号回りだからな〜〜(-"-;)
三時間位遠回りになる。


いわき・気仙沼・大船渡(陸前高田)エリアで、
以前に当方の作品をお買い上げ頂いていた皆様の中で、
作品が津波に流されてしまった等が有りましたなら、
代替品を無償提供しようかな??
と思ってるので、遠慮なくお申し出下さい。
  


Posted by 黒猫伯爵 at 12:56Comments(0)

2011年04月23日

櫻の花は死の薫り・2011

大災害など、素知らぬ顔で、今年も桜が咲いた。


今日・明日の、春の嵐で儚く散るのかも知れないが…



…今年は大震災が有って、ゆっくり桜の花を愛でる余裕なんか無かったけどね。
(我輩個人は、去年…北東北三大桜名所ツアーやって、一生分の桜花を観たから、今年は花見しなくてもいいや。笑)


それでも、今年も桜の花は、いつもの年の様に咲いた。

例年、桜のシーズンは、人生や人間の死生観に想いを巡らす時期なのだが、
今年程、人の生き死にに想いを巡らす年は過去に無かったかも。



津波や地震で、突如亡くなってしまった人達が多いしね。


縄文時代以来、数千年もの間に、幾度となく大災害(地震・津波・洪水・噴火)に遭い、
多大な犠牲を出しながらも、途切れる事が無かった歴史。

古代人達は、大災害を、どう乗り越えて来たのだろうか。


おそらく…

人間の努力など、到底及ばない自然災害…

それを素直に受け入れて、
自然災害で突然失われてしまう人間の命をも、
それが【意味の有る当然の事】、
地球、ひいては宇宙の在るべき姿の循環の中の出来事として、
生活や思想の中に取り込んでいたのでは無かろうか。


生と死を繋ぐ、縄文時代のストーンサークル。

『サ』神の『磐(神の座する場所)』である、【桜】。

古代から連綿と続く、そういった思想、死生観に立ち返る時期かも知れない。



今回の大震災で、つくづく思ったのは…

地震に限らず、台風や洪水などで度々土地が流されてしまう様な、
自然災害の多い日本の風土では、
『財産の私有』や、西欧的な『資本主義』という文化は、馴染まないのではないか。


今回の大震災の復興過程に於いても、
漁業、農業を始めとした産業の復興には、
国費(公費負担)が不可欠だし、
個人の住宅にしても、流された住宅のローン、プラス、再建する住宅の二重ローンに苦しむ人達が多数居る上、
産業や仕事を奪われて、生活保護に頼らざるを得ない人達が数多く居る。


最早、資本主義・自由競争経済体制下では救えない。

社会主義でしか立て直せないんじゃ無いかと思う。


社会主義体制に関しては、色々な問題点も有るが…

自然災害の多い日本には、資本主義・自由競争経済主義よりも、
地域独自の地域自治、それをバックアップする全国的な社会主義国家という体制が、
実は最も理に叶ってる気がする。

  


Posted by 黒猫伯爵 at 17:57Comments(0)

2011年04月20日

久々の新作★

ようやくライフラインも復旧して、どうにか久々に作品製作を再開出来る位の態勢には落ち着いて来た。

…震災前のレベルには、まだまだだけどねー。
出展スケジュールも未定というか不確定だし。
今後、いわきとか郡山とか、どうなるんだろうか?


取り敢えず、新作UP♪♪
(新作と言いつつ、大震災前から造りかけてて中断してた作品なんだが。)


我輩の地方でも、何とかガソリンも手に入る様にはなって来たので、少し外出してみた。

ホント、大震災から一ヶ月経って。

復旧も、まだら模様というか…

仙台市内中心部は、結構復旧しつつ有るし、人出も多いね。
とは言え、道路の段差や、解体されるビルも多いけど。

ライヴハウスMACANAが入ってるビルも閉鎖・解体とはなー…

仙台東口の高速バス乗り場周辺は、凄く国際的…(笑)というか、
ヘルメットと大きな荷物を抱えたボランティアとおぼしき人達、
遠くから来た各県の名入りの作業服姿の人達が、
物凄く多かったですね。

仙台港近辺や塩釜、多賀城の海岸線周辺は、
いまだに瓦礫や流された車の山が道路脇に有って。
交通量の多い国道45号の、塩釜マリンゲート近くの路上には、
打ち上げられた漁船が、まだ転がったままになってたし、
電気も復旧してない地区も。

復興どころか、全然復旧すら進んでない感じ。

石巻市の石巻中央郵便局の有る辺りも…
まだ泥の撤去すら不十分で、
伝染病発生を防ぐ為の防疫措置…消毒薬が、アチコチで白く撒かれていたり。

気付くのは、案外液状化の被害が予想より少なかったかな?という気がする。

我輩の見た範囲では、海岸線よりも、むしろ内陸の方が、地震の揺れによる建物倒壊や川の堤防沈下・崩落の被害が多い印象だ。
(内陸の一関や栗原の方が、揺れ自体は大きかったらしい。)


震災後一ヶ月経って、徐々に報道も少なくなって来てるが、
決して被災地の復旧も救援も進んだ訳では無い。

勿論、いつまでもTVが被災地報道ばかりというのも、どうかと思うし、
娯楽番組も必要だろう。

だが、そうやって忘れ去られても困るのだ。

少なくともこれから十年は、支援し続けなければなるまい。

今の段階ですら、被災地間の復旧の落差が、まだら模様で、
何が・何処で、必要とされているのか。
細分化してきている。


我輩に何が出来るのか。
先ず出来る事からやろうと思う。
  


Posted by 黒猫伯爵 at 08:15Comments(0)

2011年04月09日

またしても生存確認!!

皆様、一昨日の地震は大丈夫でしたか??

我輩は無事です!!

でも、また停電&断水…orz

漸く復旧したばかりなのになー。
また復旧に何日かかるか。べっこり(←凹)

また暫く、籠るしかないか…orz



…にしても。
また震度6かい。

この十年で、2004年の宮城北部地震(一日の内で震度6が三回!)、
2008年の岩手宮城内陸地震、
先日の3・11東北大震災、
一昨日の震度6…

十年間の内に、計4回も震度6以上を体験ですよ。(苦笑)
2004年の奴を個別に数えれば6回か。

もー、いい加減、地震慣れしたとゆーか、何とゆーか…(苦笑)
少々の揺れには鈍感になりましたね。
あー、またかー、みたいな。(苦笑)


でも、我輩が住んでる地域は、
今回の地震が、一番被害が大きいとゆーか、揺れた気がする。

先日の大震災の時に、崩れ易い物は、大概崩れたし、
その後は、高い所に物は置かない様にしてたんだけど…

今回の地震では、先日の大震災でも崩れ無かった物が大量に崩れて、
部屋の中は再度大変な事に。


流石に心が折れました。(苦笑)
ちと、復旧作業する気力が萎えた…



そーいえば、一昨日の地震は、大震災の余震なのか否か、少し揉めた様ですね。

元々予想されてた宮城県沖地震の震源域と、
大震災の震源域が微妙に合わないらしく…
(我輩も、その点に違和感を感じてたが。)

と言って、今回の地震も、違うらしい。

もしかして、宮城県沖で想定されてたプレート固着域は、
先日の大震災でも破壊され残ってる可能性が有る。

…て事は、もう一回、震度6以上が来るのか…orz

その辺は、今後の詳細な調査・研究の結果を待ちたい。


仙台市直下の、長町〜利府断層帯も心配なんだよな〜
今回の大震災がキッカケで、内陸側の直下型地震の危険性が高まってるし。


そうそう。今回の大震災で、クローズアップされた、古代の大震災『貞観地震』。

大和朝廷と、蝦夷の大戦争(8世紀)が、一応落ち着いた後だが、
当時の国府だった多賀城も建物倒壊、
津波被害も甚大だったらしい。
(今回も多賀城までは達しなかったが、近場の塩釜や仙台港周辺は酷い事に。)


古代の蝦夷達が、どうやって大震災を乗り越えたのか。

そして、約400年周期と言われる、このクラスの大震災を…

次に起きる時まで、我々の子孫に、どう伝えて行けるのか。


思案は巡る。
  


Posted by 黒猫伯爵 at 14:58Comments(2)

2011年04月05日

福島原発と向日葵畑。

実は『失われた惑星』というファンタジー系の小説の中で、
現在の福島原発の状況にソックリな状況が描かれてるのを思い出し、
何年ぶりかで本棚の奥から取り出して読んでみた。

初版平成元年発行の本だから、20年以上前…
我輩がまだ青い学生の頃の小説。


…まさか、今頃読み返す時が来ようとは…


この小説の中では、茨城県の東海村の原発が、
地震で一部損傷→メルトダウンに至った設定でストーリーが展開していくのだが…

白煙(水蒸気)が上がる場面といい、
原子炉格納容器が破損し、建屋内に冷却水が流出す描写といい…

現在の福島原発の状況と非常に酷似してる。


ファンタジー系小説故に、非現実的なキャラクターが出て来るのだが、
原発の部分に関してはリアルで。

小説のストーリーでは…
あくまで政府は事態を隠蔽し、
治安警察を組織して、反原発派を弾圧する。

しかも、特権階級以外の一般人は、海外への渡航(脱出)も禁じてしまい…

更に、世界中から見捨てられた日本は、
世界各国から核廃棄物(高レベル放射性廃棄物)を受け入れる国になってしまう。

そして、日本国内に残る一般人の、原発に対する恐怖を和らげる為に、
麻薬・覚せい剤の解禁…


…恐っ!!シャレにならん!!
マヂ、有りそうだから!!


現実に、政府も東京電力も、事実を隠蔽してるし、
実際に日本から引き揚げる外国企業もある。
この先…日本人は外国に行っても入国を断られる事態も起こり得る。


原発事故対応の拙さ、震災復興の為の国債発行⇒財政破綻、金融恐慌…
という事態で、日本は自国政府の施政権を失い、
国連管理下に置かれる可能性すら有る。


原発事故の対処を誤れば、放射能汚染が今以上に広がり、
最悪、日本全土に居住不能、
世界各国に難民として行くしか無く、永遠に流浪の民…


うわぁ…

考えたくも無いが、現実に有り得る、
そうなる可能性は、少なくない…


原発って、物理学の法則に則った、
不変の公式に沿って作られてるから…

科学とか技術に詳しい人程、安全だと思っちゃうんだよねー…

でも、その物理学の法則や公式を満たして構築・利用する為には、
割と古典的な『力技』的な(苦笑)部分が有って。

それが今回、自然界の『力』に負けちゃった。

それを、次は勝てると考えてる人達なんだろうな。
いまだに原発推進を唱えてる人達って。
  


Posted by 黒猫伯爵 at 22:11Comments(0)