2011年08月30日

だから原発は不要って言ってるだろ。

原発なんぞ廃止しても電力は足りる。

画像1・コブレンツマテリアル(株)赤芝水力発電所(民間企業の自家発電所)
画像2・荒川水力電気(株)岩船発電所
画像3・東北電力、瀬見水力発電所

1の様に、自社で水力の自家発電所を持ってる会社も有るし、
2の様に、大手電力会社以外の発電会社が地域に電力供給してる場合も有る。

東邦金属(株)小名浜精錬所は、シュレッダーダストを燃料にした火力発電(ゴミ発電)の自家発電所を持ってる。

こういった自家発電所を上手く使えば、原発など不要。

それには、発電・送電の分離、発電事業参入の規制緩和が必要で、
それによって既得権益を失いたくない電力会社の『票』『金』で政治家が選挙を戦ってるから、
原発廃止と言えぬのだろう。

今度の野田総理も、期待薄。
金力に頼ってる限り、マトモな政治家が出ないのかも知れない。

自家発電に原発を導入した企業も聞いた事が無い。
(研究用原子炉を所有する大学は有るが。)
…という事は、商業的に見ればコストに見合わないのだろう。

即ち、原発で作った電気は安いというのも大嘘!!


…そういえば菅総理の最後っ屁、福島に中間貯蔵施設を造る話。

これは避けられないだろう。放射性廃棄物の持って行き場、最終処分場が無いからだ。

福島原発事故以前に、使用済核燃料の貯蔵・処分施設が無い事が大問題だったのだ。

高濃度汚染地区は、数十年に渡って居住不能になる事など、
事故直後から分かり切ってた事で、
どっちも今頃する話じゃない。
政治家は、厳しい・不都合な事でも事実・真実はちゃんと話すべきだと思う。

汚染された土地は国家が買い取るべき。

…下手に借り上げ方式にすると…
住めない・作物も採れない土地が金になる訳で、その土地所有者の『不労所得』になる。
少し頭の回る奴なら、値段の付かない汚染土地を安く買叩いて、その不労所得を得ようと考える。
(暴力団の資金源にもなり得る。)


福島原発の土地は国家が買い取り、
原子炉丸ごと、汚染された瓦礫や除染で発生した物も含めて、
埋設覆土、コンクリートで放射線を遮蔽して巨大ピラミッドにでも、するしか無いのではなかろうか??

線量計を買った人達も多いが…
既に、どこでも多かれ少なかれ汚染されてるし、
その総てを回避など出来ぬ。

今後は放射能が有る前提で、それと向き合いながら生きるしか無いのだ。
  


Posted by 黒猫伯爵 at 07:44Comments(0)