2011年08月30日

だから原発は不要って言ってるだろ。

原発なんぞ廃止しても電力は足りる。

画像1・コブレンツマテリアル(株)赤芝水力発電所(民間企業の自家発電所)
画像2・荒川水力電気(株)岩船発電所
画像3・東北電力、瀬見水力発電所

1の様に、自社で水力の自家発電所を持ってる会社も有るし、
2の様に、大手電力会社以外の発電会社が地域に電力供給してる場合も有る。

東邦金属(株)小名浜精錬所は、シュレッダーダストを燃料にした火力発電(ゴミ発電)の自家発電所を持ってる。

こういった自家発電所を上手く使えば、原発など不要。

それには、発電・送電の分離、発電事業参入の規制緩和が必要で、
それによって既得権益を失いたくない電力会社の『票』『金』で政治家が選挙を戦ってるから、
原発廃止と言えぬのだろう。

今度の野田総理も、期待薄。
金力に頼ってる限り、マトモな政治家が出ないのかも知れない。

自家発電に原発を導入した企業も聞いた事が無い。
(研究用原子炉を所有する大学は有るが。)
…という事は、商業的に見ればコストに見合わないのだろう。

即ち、原発で作った電気は安いというのも大嘘!!


…そういえば菅総理の最後っ屁、福島に中間貯蔵施設を造る話。

これは避けられないだろう。放射性廃棄物の持って行き場、最終処分場が無いからだ。

福島原発事故以前に、使用済核燃料の貯蔵・処分施設が無い事が大問題だったのだ。

高濃度汚染地区は、数十年に渡って居住不能になる事など、
事故直後から分かり切ってた事で、
どっちも今頃する話じゃない。
政治家は、厳しい・不都合な事でも事実・真実はちゃんと話すべきだと思う。

汚染された土地は国家が買い取るべき。

…下手に借り上げ方式にすると…
住めない・作物も採れない土地が金になる訳で、その土地所有者の『不労所得』になる。
少し頭の回る奴なら、値段の付かない汚染土地を安く買叩いて、その不労所得を得ようと考える。
(暴力団の資金源にもなり得る。)


福島原発の土地は国家が買い取り、
原子炉丸ごと、汚染された瓦礫や除染で発生した物も含めて、
埋設覆土、コンクリートで放射線を遮蔽して巨大ピラミッドにでも、するしか無いのではなかろうか??

線量計を買った人達も多いが…
既に、どこでも多かれ少なかれ汚染されてるし、
その総てを回避など出来ぬ。

今後は放射能が有る前提で、それと向き合いながら生きるしか無いのだ。
  


Posted by 黒猫伯爵 at 07:44Comments(0)

2011年08月19日

明日はアート展に出展★

明日は仙台市青葉区の定禅寺通りで開催の
【杜の都のアート展(夏展)】
へ出展します★


…雨が降らなきゃね。(苦笑)

妖怪・スリッパ爺の逆襲かっ?!←(春展の時の内輪ネタwww)
天気予報では、何とか天候保ちそうだけど。

もし雨天中止になったら、9/3に振り替え開催です。



因みに、すぐ隣りの勾当台公園では、
【SAWZOW 手作りフェア】
も開催されるそうです。

これまたアート系の作家さんが出展してる様で。

両方楽しめると思いますので、お時間の有る方々は、是非遊びに来て下さいませ♪♪(・ω・)ノ


…24時間テレビ?のイベントも、勾当台公園で、やってるらしいが。
我輩的には興味無い←



で、夜は。

広瀬川で、灯篭流し&花火大会が有りますな。

今年は特に、大震災の鎮魂の灯篭を流す人達が多いんだろうな…

我輩も、アート展を撤収してから、ウロウロ見に行こうかと考えてます。

まー会場近くは混むから、余り混まずに花火が良く見える愛宕橋辺りで見るつもりだけど。



話は変わるが…

今、復興支援チャリティー作品のデザインを色々考案中。

と言っても、明日のアート展には間に合わないんだけどね。


先日の復興支援イベントでも、気仙沼のTシャツ買ったんだけど…

何か、こう、ちょっと…

んー、別にデザインに不満という訳じゃ無いんだけど、
何か違うな、という、いづい(←仙台弁w)感じ。

で、自分でも作ってみようかと、ちと頭をひねってる訳です。


で、そのうちの一案の、ラフ画を画像に載せてみた。


【 んだ。 〜power by TOHOKU〜】

…『んだ。』って、仙台弁ww
まー、東北一円で、この微妙なニュアンスは大方通じると思うんだけど。


同意する『そうだ。』の意味。


よく、『がんばっぺ◎東北』なんてステッカーは目にするんだけど、
どーも、この『がんばっぺ』にも常々違和感を感じてて…

もっと暖かみのある、共感を得やすい方言が無いものかと、ずーっと考えてたんだけどね。


『 んだ。』


どうですかね??


まぁ、あくまでラフ画で、数デザインの内の一枚で、
実際に作るかは未定だけどね。
(作るとするなら、黒地に白抜きで『んだ。』だな。)
  


Posted by 黒猫伯爵 at 12:11Comments(0)

2011年08月16日

復興と鎮魂と…我が古き血脈。

一昨日のイベントお疲れ様でした★

今回、『災害避け』の祈りを込め、去年秋に作った作品を展示したんだが…(画像1)

今、気付いた。
…コレって庚申塚ぢゃん←
(画像2・黒又山ピラミッド、本宮神社参道入口に祀られた庚申塚。)
形状といい、作品の意味といい…

造ってる最中は、意識して無かったんだけどね。

庚申塚。
東日本一帯に多く建立され、それ単体も信仰の対象では有るが…
国や村の境目、或いは神域の入口に建立されて、『悪霊(災い)の侵入を拒む』意味合いを持つ場合も多い。

無意識の内に、作品造りや行動に現われるんだな…

我輩に流れる、古代東北の血が。


まぁイベントに参加してみて。

『祭り』の重要性を再認識しましたね。
復興支援の力を集める『場(集団無意識の)の形成』の役割としての。
…がんばろう、などと上辺だけのキャンペーンを百回やるよりも、
実際に集まって動く事の方が、如何に効果的で重要な事か。

今年は『祭り』が本来の意味である、
『祀り』…御霊を祀るという意味に立ち返った気がする。


我輩が造ってた復興支援チャリティー作品の売上金は、
総てRQ市民災害救援センターに寄付するつもりだったのだが、
これまた偶然(必然?)にも、その市民災害救援センターのボランティアさんが、
バス待ちの間に立ち寄って下さいまして。
(何たる偶然!!)
色々お話しを聞く事が出来ました。

(尚、チャリティー作品の売上金は8月末で一旦締めて、寄付します。
でも、それ以降も継続してチャリティーは行います。復興には10年20年と掛かる。我々は最後まで見捨てない。)



話は変わって。

8/12は日航ジャンボ機の墜落事故が起きた日、
8/15は終戦の日。

総ての犠牲者に、謹んで杯を捧げる…
(画像3…って、単にテメェが呑みたいだけだろっ!!←)

どうも、日航機墜落事故の原因は、
圧力隔壁の修理ミスだけでは無く…

日航ジャンボ機をソ連のTu-95爆撃機に見立て、そこから発射された巡航ミサイルに見立てた標的機、チャカー2を米海軍が迎撃する訓練中の事故だった可能性が浮上して来た。

サハリン沖の大韓航空機墜落事故、ペルシャ湾での米海軍艦船によるイラン航空旅客機誤射撃墜事件…

総て80年代の米ソ対立が背景に有る。


…そういえば、東電OL殺害事件。
アレも、最初から東電重役の関与が疑われてたんだよね。
  


Posted by 黒猫伯爵 at 07:46Comments(0)

2011年08月13日

イベント出展告知!!

前日記の続き……の前に。

イベント出展の告知で御座います★


急な話ですが、明日14日!!!

仙台市青葉区の勾当台公園にて開催される
【GENKI ! ! ~天女が舞い降りる 新生の祭典】に出展します★

このイベントは、東日本大震災による被災者とカルチャースペースの復興・新生、
また追悼の意味を込めたイベントという事で。
音楽ライヴ・県内のお祭り団体やパフォーマンス集団の出演、
地場産品や県内飲食店の出店などなど…

例によって、我輩は『黒猫貴族の館』という事で出展参加。
小物やアクセ関係、復興支援チャリティー作品の販売も行います。

明日、もしお暇が御座いましたら、
是非勾当台公園に遊びに来て下さい〜(^ω^)/



…と、言う訳で。

今、慌てて作品造りやってます←(苦笑)
手元の作品在庫が無くなってたんでw←


まー、そーゆーバタバタの状態ですので、
日記更新も疎かになってまして。

皆様の処に、絡みに行けない状態が続いてて、大変恐縮です…(>_<)



気を取り直して。

もう一件、イベント出展の告知★

来週土曜日、20日は、同じく仙台市青葉区の定禅寺通りにて開催の
【杜の都のアート展(夏展)】に出展します★

こちらは、4月に開催された春展に引き続きの参加。
(例によって、黒猫貴族の館として。)

但し…
今回、我輩は20日の土曜日だけ参加なので注意!!!
(アート展自体は、20・21日の土日開催なんだけどねー。)

こちらも、お暇な方は、是非遊びに来て下さい〜♪♪♪(^ω^)
  


Posted by 黒猫伯爵 at 08:18Comments(0)

2011年08月11日

A話。(奥州・陰陽呪術闘争篇)

前日記から日数が開いてしまったが…前日記の続き。

さて…
古代の東日流国から奥州街道(現・国道4号)に出て、盛岡方向に暫く行くと。

長い坂の頂上に有るのが『日本中央の碑』。

征夷将軍・坂上田村磨呂が、呪術を施して土中に埋めた…と伝えられている石碑だ。
(以前も書いたが、呪いの函を土中に埋める…即ち『吉』という呪術の考え方だ)

この石碑が建つ位置…

坂上田村磨呂と戦っていた日高見国と東日流国の物流・連絡ルートを見事に寸断する位置だ。

む、む、むぅ。やるなぁ。流石、田村磨呂。

東日流国の兵力が、日高見国の援軍に回らぬ様に、
との意味(呪術的な)も有ろうが…
峠の頂上でも有り、『国境線の標識』の意味も有ったろう。

村や国の境に、石碑や木柱を建てる風習は、東アジアに広く見られる。
(ポリネシアのトーテムポールや、朝鮮半島のチャンシン等)

実際、田村磨呂の蝦夷平定後。
一時的に稲作と大和朝廷の城柵の北限が、岩手県北部の二戸城まで北上するものの、
結局は盛岡以南の徳丹城(矢巾町)、更には志波城(紫和町)まで後退している。

当時の稲作技術や品種では、この辺り(盛岡〜八幡平〜能代を結ぶライン)が稲作北限の限界線だったと考えられている。

一応の国境線を『日本中央の碑』が有る青森県東北町に引いたものの、
実質的な支配地域(稲作経済支配)は盛岡近郊止まりで、その北…
中山峠以北は、或る種の軍事緩衝地帯、バッファゾーンだったかも知れない。

つまり、この時代…8〜9世紀から、12世紀の中世に掛けても、
青森は、大和朝廷・中央政府から見れば地続きながら、『外国』だったのだ。


…この『日本中央の碑』。
現在は、囲いの建物で覆われいるのだが…

その建物が『電力移出県補助金』…
つまり、東京などへの電力供給の為の発電所立地(具体的に言うなら、東通原発)の為の補助金で建てられている処に、
中央支配体制の底意地の悪い悪意を感じるなぁ…(苦笑)

というのも、この『日本中央の碑』に限らず、
坂上田村磨呂や、慈覚大師所縁の寺社には、もうひとつ。

当時の都(京都)から見て北東方向…『鬼門』に位置し、
その『鬼門封じ』の意味も有った。

実は、8世紀は災害が多く、当時の大和人は原因を『怨霊(鬼)』と考えてた。

従って、都の守護安寧を維持する為に、東北を侵略した側面も有る。


…この話、更に続きます。
  


Posted by 黒猫伯爵 at 12:10Comments(0)