スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2016年03月08日

山神社(山ノ神神社)・その弐、木花佐久夜比命編。

前日記の続き。

この山神社(山ノ神神社)は、山の女神で安産の神。
(火伏せや酒造の神威が有るとされるが…詳しくは後述。)

行った当日は、たまたま暦では『丙・戌』の日だった為に、
(前々日記のひなまつり、十進法と十二進法の話の処。十干・十二支。)
安産・子安の祈祷が多く、午前中は駐車場に入り切らないぐらい参拝者が多かったそうな。
(我輩が行ったのは午後からだが、それでも参拝者は途切れず、駐車場も塞がってた。)


さて、その主祭神だが…

咲夜さーん(←違w…そりゃ東方だ。)

もとい、『木花佐久夜比賣命』。
…はて??実に違和感が有る。
(確かに安産の神には間違い無かろうが…)

東北地方では良く『山神』と彫られた石碑は目にするが、
『木花佐久夜比賣命』と彫られた石碑は、我輩の知る限りは無い。
(リサーチ出来てるのは、ほんの一部故に何処かに有るかも分からんが…)

『山神』とは元々、縄文時代・先住民からの『自然神・豊饒神』で女性神だ。
…つまり、元々の先住民の『山神』が後から来た大和人によって『木花佐久夜比賣命』に『同定された』と考えて良かろう。

最初の小山田氏の、個人家系の氏神として祀られた時から木花佐久夜比賣命だったのだろうか??
…いや、社伝によれば1571年に小牛田の町割りの際、御神体を奉じて1575年に祠を建てたと有るので、
おそらくこの時から木花佐久夜比賣命が祀られた可能性が高い。
…火伏せや酒造の御利益が有るとされたのも、この頃からだろう。


それ以前は、特定の名を持たぬ『山神』としての信仰対象だったからこその『山神社(山ノ神神社)』だろうし、
おそらく、それ以降も別に『木花佐久夜比賣命』という神名は、参拝者にとってどうでも良い事だったろう。
(あくまで日本神話という『お伽噺』の神として。)

この山神社の境内には『山神永代獸〜』(←下は埋もれて判読不能)の石碑も祀られてる。
…これは『獸』の文字から判断するに、動物の慰霊碑であろう。元々の山神・豊饒神に対する感謝でも有る。
近くに『牛飼』の地名も有る事から、農作業に使役された牛の慰霊碑かも知れない。
(馬頭観音の牛バージョン?)
この石碑は、寛永年間の建立である事から、その年代に於ても東北地方では日本神話や木花佐久夜比賣命というのは、余り民衆には理解されて無かったのかも知れない。


面白い事に、仙台市南西部の秋保神社にも、この山神社から勧請された石碑が有る。
  続きを読む


Posted by 黒猫伯爵 at 11:27Comments(0)

2016年03月08日

山神社(山ノ神神社)・その壱、北極星編。

土曜日に思い立って山ノ神神社に行って来た。

…ちょうど小牛田駅で東北本線・山側線廃線跡の写真展が有ったので、そのついでと行ってはアレだが。(苦笑)

前々から気にはなってた神社だし、確かめたい事も有ったので。

地元では『山ノ神(やまのかみ)』で通じる程メジャーな神社では有るが、
実は余り行った事が無かった。(苦笑)

山の上では無く、平地の真ん中に有りながら、何故『山ノ神』なのか??

山ノ神という位だから、山岳信仰・北極星信仰が基の神社に違いない。
…それを確かめに、今回思い立って行った訳だ。。


正式には『山神社(やまのかみしゃ)』。

まず参道、鳥居の前で方位磁石を取り出し確かめる。
…間違いなく拝殿・本殿に続く参道は、真北に向かって伸びており、
参拝者も拝殿・本殿正面、真北に向かって参拝する形だ。
周辺の道路・土地区画から考えても偶然に真北になったのでは無い。
狙って真北の方角を意識している。

北極星信仰を意識した造りになってると見て間違いない。
しかも社殿の作りは、外観からの判断だが、所謂『権現造り』に近い様だ。
(日光東照宮のタイプ。修験道系。)
…但し、現社殿は昭和初期の遷座造営なので、最初から北極星信仰の要素を持つ神社だったかは疑いの余地は残す。
(逆に、昭和初期の段階に於てさえ、北極星信仰の残滓が有った事が驚きでも有るが。)

実は宮城県内には、墓地に隣接して同様の遺構が今でも残ってる場所が複数有る。
…随分前にも書いたが、墓地の隣にストーンサークル跡とおぼしき円形の場所が有り、必ずその円形の北側に社・祠が建てられてて『〇〇霊場』と掲げられてたりする。
今から僅か30年程前までは、その円形の場所の中心に柩を置き、参列者が柩の周囲を左回りに3周する葬儀の風習が当たり前に見られたものだが…
(この風習は東北地方が中心で、西日本には無いそうだ。)


休題閑話。
  続きを読む


Posted by 黒猫伯爵 at 08:31Comments(0)