2017年01月25日

歴史の謎、崑峯寺と坂上田村麿呂。(東北魔界紀行〜崑岳編その2)

という訳で、前日記の続き。

我輩が行った当日は、山門の仁王像の手にワラジが掛けられていたが…どなたが奉納して行ったのでしょうね。
(現役の山伏さんか、はたまた地域の里の人間か…)

それは兎も角。
この崑峯寺。創建由来を紐解くと実に興味深い。

最初の草創は宝亀元年(770年)、当時の朝廷の城柵・多賀城に赴任していた、
鎮守府将軍・大伴駿河麿呂が白山神を祀ったのが起源とされる。

後に征東将軍・坂上田村麿呂が蝦夷のアテルイとの戦の後、
京都・清水寺より十一面観音を勧請し807年に観音堂を建立。

更に849年、天台宗・比叡山延暦寺の僧、第3世慈覚大師(円仁)が布教の為に堂宇を増築し、
無夷山・崑峯寺(むいさん・こんぽうじ)と改称…というのが伝承。



この770年の草創という年が、東北の歴史上、大事件の年でもある。

この年、770年の8月。
朝廷側に従い、俘夷となっていた蝦夷・宇漢米公宇屈波宇ら一族が朝廷側から離脱し、蝦夷側に帰郷するという事件が起きている。

宝亀元年という年号からも分かる通り、この年朝廷では天皇が崩御し改元された年。

鎮守府将軍・大伴駿河麿呂が白山神を祀った正確な日にちは特定出来ないが、
この宇屈波宇の蝦夷帰郷と、大きく関係が有ると考えられる。

…白山神は、同じ山岳信仰の系統でも、越の白山。
元々、蝦夷の山岳信仰の聖地に、他所から勧請された白山神が祀られる事に納得出来なかったのでは有るまいか?
(あくまで個人的な想像に過ぎないが…)

宇屈波宇は朝廷側の呼び掛けにも頑として応じず。
後年に朝廷側の城柵・桃生城の焼き討ちに発展している。
(桃生城は、この崑岳・崑峯寺からもさほど遠く無い。)

更にこの10年後。宝亀11年(780年)。

これまた朝廷側に従っていた蝦夷の伊治公砦麿呂が、伊治城(これまた崑岳と同じく宮城県北部の築館。)で朝廷の陸奥国按察使・紀広純を暗殺する事件が発生しているが…
この時、紀広純と同行していた道嶋大盾も殺害されたものの。
何故か1人、陸奥介(朝廷の役職)・大伴真綱だけが助命され、無事に多賀城へ帰されている。
…崑岳に白山神を勧請した大伴駿河麿呂の家系だ。
(この事件以前に大伴駿河麿呂は死去している。)

何故、大伴真綱だけ助命されたのか??理由はハッキリしない。
…考えるに、砦麿呂は大伴真綱に何か、朝廷に対するメッセージを託したとしか考えられないが…

朝廷側の記録には一切残っていない。
砦麿呂が託したメッセージを朝廷側が無視したものか、或いは朝廷側に不都合な事だったのか。


歴史に隠された謎である。  続きを読む


Posted by 黒猫伯爵 at 14:35Comments(0)

2017年01月25日

歴史の謎、崑峯寺と『御柱』。(東北魔界紀行〜崑岳編その1)

宮城県に有る、通称『のの岳(ののだけ)』こと無夷山・崑峯寺。(←正確には崑の字が少し違うが、変換で出て来ないw)

今回の東北魔界紀行は、この崑峯寺の秘密と歴史を紐解いて行こうと思う。


まず最初に。
非常に興味深い点を添付画像で紹介したい。
(観光案内や、他の方の紹介記事では全く触れられていない処だ!!)

◆山神の磐と御幣
◆山門に奉納されたワラジ
◆磐を囲む『御柱』

参道を登ると、脇に小さな『山神』の磐が祀られている。
…東北地方の神社では、山神の磐が祀られてるのはごく当たり前な事だが…
興味深いのは、その磐の処に御幣も建てられており、その形状がまた目を惹くのだ。

仔細に観察すると御幣の中央部が『山』という形に切り抜かれ、手の込んだ造形だ。
…宮城県北部〜岩手県南部エリアの神社では、この様な御幣…『キリコ』又は『切り透かし』と呼ばれる切り紙が祀られる例が多い。


この参道だが。

方位磁石で確認してみると、ピタリと『真北』に向いている事が分かる。
…これは陰陽道、北極星信仰・妙見信仰の影響だと考えられる。
(隣町に有る通称・山の神こと『山神社』でも同様に参道は正確に真北を向いてる。)


参道の途中に山門が有る。
通常の神社なら鳥居が有るのだろうが、そこはそれ。天台宗の寺だ。

山門の左右には仁王像が安置されているが、それよりも興味を惹くのが、
仁王像と同じ処に巨大なワラジが祀られている点だ。

これは山岳信仰・修験道に於ける『脛塚』或いは『荒脛(アラハバキ)』であろう。
…修験者は、神域に入る時に、新しいワラジに履き替えて。
そこまで履いて来た古いワラジを『脛塚』に奉納して道中安全の祈願をするのが慣わしという。
(その意味では『道祖神』と同体の神なのかも知れない。)


本殿や白山社は、他の方の記事に任せるとして。(笑)

境内をぐるっと見回ると、更に興味深いものが!!!


余り目に付かない様な、小さな磐だが…磐の周囲4隅に柱が建てられ注連縄が張られている磐が有った!!

これ完璧に お ん ぱ し ら ! ! !

サイズこそミニチュアだが、諏訪大社の『御柱』と全く同じ形態だ。
…諏訪大社の『御柱祭』が有名だが、御柱が建てられるのは何も諏訪大社だけでは無い。
諏訪地方では、地域全般的にあらゆる神社・小さな祠にまで御柱が建てられるのだそうな。

何故、それがこのみちのく・涌谷の地に有るのか???

境内には他にも幾つかの磐が祀られているが、
御柱が建てられているのは、この小さな磐だけである。

磐に彫られた文字は『崑ノ宮』。
…〇〇宮、という表記が為されてるという事は、山岳信仰・修験道の系統で間違いない。

祀られた経緯や時代はハッキリしないが、
諏訪地方から来た修験者が祀ったものだろうか???



この場所。『崑岳(ののだけ)』という山名・地名。

御嶽山(おんたけさん)や、沖縄の御嶽(ウタキ)などと同様、
かなり古い時代からの山岳信仰の聖地であったのでは無かろうか。



更にこの崑峯寺。
その創建の歴史を紐解くと、東北の先住民・蝦夷と坂上田村麿呂との闘争の時代。
騒乱の歴史の謎が有ったのだ!!


…この話、次の日記に続きます★  


Posted by 黒猫伯爵 at 12:17Comments(0)