2009年06月13日

アテルイ伝説。(ハルマゲドン篇)

更にさらに…前日記から続く。(引っ張るな〜、おい…)

この様に、体制側(大和朝廷、天皇家。)に都合の悪い情報は隠蔽され、
捩じ曲げられて教育(洗脳)されて来た訳だ。
(…先ず、この天皇制の洗脳状態から脱せねばならない。)

この為、蝦夷・縄文は意図的に無視され、
阿廷流為はじめ蝦夷達は大和朝廷(体制側)からは
単に政治的理由で外敵として扱われ、【鬼(悪魔)】とされて来たのである。



この蝦夷や縄文を探求、復活を目論む者も又…
体制側から見たら悪魔に見える事だろう。
(…だから我輩も最初から悪魔だ、って言ってんぢゃんwww/笑)


という訳で今日…

話のキッカケを頂いた悪魔…

もとい、さとげん様のバンド、【cristal or nite】も出演なさる
ライヴイベント【メタソル】に来てる訳だ。(爆)

新潟JUNK BOXに。


多分、話のキッカケになったアルバム【アテルイ】に収録された曲もやってくれる筈♪



…って、結局コレがオチかwww



ちと書き忘れてたが…

【文字】。コレを呪術に利用した分りやすい例が、神社の御札(大麻)である。

アレは、只の紙に、神の名を漢字で書いてあるだけ。(←勿論、御札を作る際は、それなりの呪術的手順を踏む必要が有るが。)

その【文字を書いた】御札で効力を発揮させようとしているのだ。

誠に(土偶や紋様に比較して)簡便だが、
それ故に文字さえ覚えれば手軽に誰でも乱用できてしまう負の面も有る。
その点、縄文人は紋様や色彩(黒、赤などの染料)を使い、乱用を避けて居る点は賢明だ。


又、当時の蝦夷の中でも、牡鹿(←石巻の魔鬼山から近い場所)の道嶋一族の様に大和朝廷側に仕える者、
砦麻呂の様に大和⇔蝦夷の軍事バランスの境界で立ち回る者、
阿廷流為の様に断固として戦う者…

色々様々で、構図としては混迷した中東のイラク国内状勢に類似している。
(イラクも国内で同じイスラム教ながら、部族によってシーア派、スンニ派、クルド人にベドウィン…親米から強烈な反米まで。)


そこに大量破壊兵器だ対テロ戦争だと
言い掛かりを付けて(ついでに石油欲しさに)
政治的理由でイラクに武力侵攻したアメリカの姿も、

蝦夷の国に武力侵攻した大和朝廷の姿とダブる。

…古今、洋の東西を問わず、
所詮、人間…特に体制側の考える事など
千年経っても大して変わっていない、って事だな。



Posted by 黒猫伯爵 at 17:12│Comments(1)
この記事へのコメント
洗脳様
ご来訪有り難う御座います!!

確かに戦争はやっぱりよくない!!

…のですが、コチラ側が一方的に軍事力を棄てても、
侵略を企てる輩が居る限り、戦争は無くならない…
という現実が有る事も事実で。


地球上の人類全員…最後の1人まで
侵略という欲望を捨て去らない限り、
戦争は無くせないだろうな…と。

その為には、どうしたら良いか。

考え処です…
Posted by 黒猫伯爵 at 2009年09月16日 22:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
アテルイ伝説。(ハルマゲドン篇)
    コメント(1)