2011年03月31日

震災生活二十日目…その参

更に前日記の続き。


そんな訳で…

有事の作戦規定…
『安全地帯に退避し、援軍が到着するまで、消耗を避けて戦力を維持せよ』(←軍隊かぃ!)
に則り、水道が復旧するまで、
何一つ物資の補給も無いまま、生き延びた。

我輩は登山などやらぬが、これは冬山遭難時の行動に準ずると思う。

一週間籠る想定が、二週間以上になってしまったが…工夫次第で何とかなるもんだ。
慌てて買い占めに走る必要も無い。


で、二週間以上経った月曜日に、震災後初めて外出した訳だが…

ガソリンスタンドが何処も営業して無ぇぇぇ!!Σ

…やはり、有事の作戦規定は正しかった。
次の補給が分からぬ以上、外出をせずガソリンを節約してて良かった。

スーパーは一応開いてたが、まだ物資は少なく、夕方には閉店してしまう様だ。

品数は少ないとは言え、絶望的になる程、物が無い訳ではない。
大戦中の標語に有る通り…
『足りない足りないは、工夫が足りない。』
まぁ、何とかなる。

という訳で、二週間ぶりに生鮮野菜を口にする事が出来た。



今回の地震で…

有事には人間の真の姿が露になるなぁ…と、つくづく実感した。

震災後、即ボランティアで被災地に救援に行く人達、助け合う人達も居れば、
逆に、被災地に泥棒に行く様な不逞の輩や、物資を奪い合う人も。


我輩は今回、被災地に駆け付ける事が出来なかったが、
復興には極力協力したいと思ってる。
(今はまだ、言うには時期早尚と思う…近日中には詳しく発表したい。)


我輩も、津波で仕事先が流されて失職状態だが…

この先、どうするか。

というか…この先、世の中が、どうなるか判らないし。
(福島原発の件も有るし、震災復興で、政府の財政破綻も現実的に近いだろうし。)

普通に仕事を探して、勤める事様な事が出来る世の中なんだろうか??

この先これまでの様に、作品造りを、やっていける世の中なんだろうか??

…という疑念・葛藤は、物凄く有る。

それでも、我輩の作品を待望んでいてくれる皆様からの暖かい言葉を頂く事が出来た。

生き残った…という事は、見えざる運命、まだやるべき役目が課されているという事だろう。

我輩は、我輩の出来る事をやるしか無い。


…という訳で、ぼちぼち、作品造りも再開しました。
(出展スケジュールは未定だが。)



後は…仕事くれぇぇぇ!!(爆)←切実w



Posted by 黒猫伯爵 at 08:32│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
震災生活二十日目…その参
    コメント(0)