2007年11月30日

スズメバチの巣に屍累々。

黒猫貴族の皆様は寝床に就いた頃合いであろうか?
(この時間は闇の眷属の就寝時間だ。笑。)

この処の朝の冷え込みにツライ思いをしておるのは
人間・悪魔だけでは無いらしい。(笑)

…この夏、我が館に巣食ったスズメバチも同様だ。

いつの間にか軒下に直径50〜60センチ位?(下から見上げると、その位に見える。)の
堅固な要塞を築いていたスズメバチ軍団も
この処の気温低下で息の根を止められたらしく、
巣の周囲の地面に屍累々、と転がっている。
(単に仮死状態で、暖かくなったら飛ぶのかも知れぬが。危ない、危ない…)


…海ゆかば〜♪水浸く屍〜♪
…オィ!脱線だ。


つい数日前の暖かった日までは
活発に戦闘哨戒飛行を繰り返しておったのだが…

いや〜、スズメバチの飛行速度って速いのね〜。
ヒュン!って飛んでく。

雀とゆーよりは隼と呼びたい位。

そのスズメバチの巣であるが…
美術工芸品?としての価値が有るらしく。
このサイズの巣が¥4〜5万で売りに出てたのを見た事がある。

…誰か、買い取ってくれんかな…?
二千円位で良いから…(苦笑)

採り易い場所だし、形も上物でっせ〜(もみ手ww)

ホント、まんまる♪
(その巣の形から、スズメバチの事を「瓶蜂(かめばち)」とも方言では称する。)

しかも、二個も有る!!


今の時期だと、もう中に幼虫とか居ないのかな?

珍味として「蜂の子」を食する地域も有るらしいが…ι

うーん、我輩は食する気にはならんな。(苦笑)



Posted by 黒猫伯爵 at 09:27│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
スズメバチの巣に屍累々。
    コメント(0)