スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2015年08月14日

亞炭香古学〜山のひかり、川のほし展〜

とゆー展覧会を、先日観て来ました。

『亜炭(石炭の一種)』や『埋れ木』をテーマに据えた総合的な展覧会??
…まぁ、『芸術』という枠を遥かに越えた、工芸や歴史・民俗学、果ては亜炭坑道を探るフィールドワークまで含んだ展覧会で。

数年前から『亞炭香古学』というアート(?)活動を展開し、『亞炭香報』という架空の新聞まで発行なさっている伊達伸明氏が企画の展覧会。
(伊達伸明氏、関西在住らしいが先祖は伊達政宗の末裔らしい。)


この企画は、市民文化事業団の全面的なバックアップが有るらしく、大掛かりな展覧会ですね。

入場料に¥300円取られるが、入り口でブラックライトを手渡され、
展示空間はブラックライトに反応して展示が浮き上がり、
炭坑を探るが如く疑似体験をさせながら進んで行くという…

展示の中には、亜炭に関する貴重な歴史資料や自然科学に類する資料、民俗文化資料、実際にフィールドワークを行って得た資料なども有って、
学術的にも面白い。

更に、仙台の『埋れ木細工』という貴重な工芸品も展示してあり。
(この埋れ木細工の、最後の職人さんが秋保に居るそうな。…今度の日曜に、『秋保あがらいん市』の際に行ってみようかしら?)


場所は、せんだいメディアテークで、開催は18日まで。

興味の有る方は、是非行ってみると宜しかろう。



…実はこの『亞炭香古学』のシリーズの一環で、3月に『展覧会を作る』という企画が有ったんですね。

この企画の中で収集されたネタも、今回の『山のひかり、川のほし』展で展示されてる訳だが…

その時、我輩もこっそり1回参加してるんですよね。(笑)

その時は…

『亜炭』をテーマにした筈が、何故か亜炭を燃やす方…『テッポウ風呂』の話題で異様に盛り上がりましてww
(知ってます?テッポウ風呂…)

ウチもテッポウ風呂だった!!という参加者続出ww
  続きを読む


Posted by 黒猫伯爵 at 13:19Comments(2)

2015年08月01日

本日開催★




本日より黒猫貴族の館・ギャラリースペースにて企画展『黒い8月展』開催です♪♪(8/21まで)

ちと作品の吊りがイマイチだが(苦笑)柩ドールシリーズが勢揃いしましたー。
(1体だけギャラリー下の壁面埋め込みになってますが←)



そして今日と明日は上のフロア(4階)で↓↓このイベント開催中〜

*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜

第八回 GOTHIC・LOLITA・PUNK 展示販売会
Douce×Dcadence -ドゥセデカダンス-

*2015.8/1〜2日 アーティストによる販売会*
*8/3〜8日 店内展示販売会イベント*

【会場】GlassForest&スタジオショコランテ
〒980-0803 仙台市青葉区国分町2丁目3-13 セイトウ社ビル3階
(晩翠画廊さん上)

●問い合わせ先●
【mail】glass-forest@abelia.ocn.ne.jp
【TEL】070-5058-0241
担当:ささき


【イベント特設ブログ】http://ameblo.jp/glp-sokubaikai-sendai/  
・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜ ゜・*:.。..。.:*・゜



とゆー訳で、お時間の有る方は是非遊びにいらして下さいね〜(^◇^)  続きを読む


Posted by 黒猫伯爵 at 13:28Comments(0)

2015年07月31日

黒猫貴族の館からお知らせ★

皆様、暑中お見舞申し上げ候。

すっかり日記の更新が滞ってましたが、黒猫貴族会員の諸兄は御元気であらせらるだろうか??
…いやホント。日記を更新するのは何ヶ月ぶりかしら?←

まだ、くたばっちゃあ、いませんよ←
死亡説を流さないで下さいね?(笑)

5月にギャラリー&ショップ『黒猫貴族の館』をオープンして以来、
お陰様を持ちまして無事に3ヶ月。

そこで明日、8月1日より黒猫貴族の館・ギャラリースペースにて企画展『黒い8月展』を開催します★

ウチの歴代柩ドールシリーズの子達を総動員。
…各アートイベント等では1〜3体づつ展示した事は有ったが、全7体が勢揃いしての展示は初めてだな。

血糊とか緊縛とかの要素を含む作品なんで、一般人の多く来るアートイベントでの展示は自粛してた子も居るし…(エロいとか云うなw←)

ウチのギャラリーなら大丈夫だろ。
(目指すは、ヴァニラ画廊みたいな感じですかね←笑)



それと!!

黒猫貴族の館が間借りしてるお店、グラスフォレストさん主催のイベントも明日から有ります!!

詳細は此方↓↓↓

*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜

第八回 GOTHIC・LOLITA・PUNK 展示販売会
Douce×Dcadence -ドゥセデカダンス-

2015.8/1〜2日 アーティストによる販売会

8/3〜8日 店内展示販売会イベント

【会場】GlassForest&スタジオショコランテ
〒980-0803 仙台市青葉区国分町2丁目3-13 セイトウ社ビル3階
(晩翠画廊さんの上のフロア)

●問い合わせ先●
【mail】glass-forest@abelia.ocn.ne.jp
【TEL】070-5058-0241
担当:ささき


【イベント特設ブログ】
http://ameblo.jp/glp-sokubaikai-sendai/  

・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜ ゜・*:.。..。.:*・゜


…という訳で。

明日・明後日と、最終日の8/8は我輩もイベント会場に居ます♪♪
(尚、企画展『黒い8月展』は21日までの予定。)



そうそう!!

黒猫貴族の館・ギャラリースペースの下段には閲覧図書スペースを設けました★
所蔵本は『夜想』『ROCCO』『アラモードマガジン』『ノアール(女性メタル誌)』や、『悪魔辞典』、更には『魔術学』といったレアな雑誌・書物を所蔵。
(『よわいこ』なんて芸工大が発行元の本とか『ジューシー』なんて、既に廃刊になった東北限定流通の雑誌とかも。)

閲覧希望の方は同店内のスタジオ・ショコランテさんのサロン利用(紅茶付き)でお楽しみ頂けます♪♪


…という訳で、お時間の有る皆様は是非遊びに来て下さいね★


出羽っっっ!!(・◇・)ノ  


Posted by 黒猫伯爵 at 13:56Comments(0)

2015年05月02日

ギャラリー&インディーズショップ『黒猫貴族の館』グランドオープン!!

ギャラリー&インディーズショップ『黒猫貴族の館』がグランドオープン致しました!!

…と言ってもグラスフォレストさんの店舗の一部を間借りする形ですけどね〜

画像で言うと右側の壁面ギャラリースペースと、画像中央のくまちゃんを挟んで右側に有る市松柄の棚部分が『黒猫貴族の館』。(苦笑)

場所は仙台メディアテークからも近く、
晩翠画廊さんが有るビルの3階です。

営業日・時間帯はゴシック・ロリィタショップ『グラスフォレスト』さんと同じ。



…残念ながら我輩自身は常に店舗居る訳じゃ無いので…
(たまにしか店舗に顔は出せないと思う。)



仕方無い、日にちを決めて『伯爵night』でもやるか…←



因みに現在、ギャラリースペースでは愁水弥鶴霸さんのイラスト展を開催中。
21日までの予定。

それ以降は、紅葉×なつめさんのドール写真展の予定です。  


Posted by 黒猫伯爵 at 11:37Comments(0)

2015年03月28日

告知☆

告知っ!

明日は仙台でインディーズ作家さん達による展示会『white piece』が開催ですよ〜

我輩も若干の作品を出展してます★
場所は仙台のメリラボ(青葉区春日町6−15)。
12〜17時の開催です♪♪


我輩は…多分、15時以降に、仕事終わりのヘロヘロ状態で会場に現れる予定。(でも予定は未定w←おぃ)  


Posted by 黒猫伯爵 at 07:08Comments(0)

2015年03月22日

サディズムと殺人。

昨日、TVの報道特集で『名大生殺人事件』の事を特集してたのを、たまたま見た。
(ヘロヘロの仕事帰りで、後半半分しか見れなかったが。)

犯人の名大生が、我輩と同じ宮城県出身という事で、気にしてた事件ではあったのだが…
(我輩も毒物とかホルマリン浸けの話は、日常茶飯事にやってるし。苦笑)


ただ、専門家が『性的サディズム』という事で片付けてしまったのは、非常に違和感が有るし残念に思う。

単に性的サディズム、加虐嗜好ならば…関係者の方々はご存知と思うが、我輩にだって物凄く有る。(苦笑)

嬉々としてホルマリン浸けの瓶を愛でるしね〜(笑)
『美少女激痛博覧会』なんてDVDも持ってるし←
うへへ(^q^)←
これが楽しいんだな←←←


…でも、我輩は殺人なんかは、やらん。

それは対象の人・物に『愛情』を持ってるし、理性も有るからね。
(だが『愛するが故の殺人』という物が有る事も否定しない。)


『性的サディズム』が『殺人』に至るか、至らないか。

この違いを生み出す『差』は何か??
…此処にこそ事件の本質が有り、注目すべき処だろうと思う。



それは愛情や深い思索の『欠落』では無いかと思う。個人的体験から言っても。


対象の人とのコミュニケーション欠如。


名大生の事件に於ても、その前の長崎の同級生殺人事件に於ても。

この『欠落』を深く感じる。



相手の人間や、愛情に対する『深い思索』ってのには、それなりの長い時間・経験値が必要で、
若い時・思春期には、どうしても即物的なサディズムが先に発露してしまうタイムラグが生じてしまうのは致し方ないが…
(単にヤる事だけが先に立つ、思慮不足のサルみたいな精子脳の輩には事欠かんだろ?苦笑)


これは大人社会の側の問題だと思う。

愛情や、コミュニケーションという物を教え諭す事が出来ていない…という。



一生治らん『性癖』だから犯人を単に処分しろとか、刑務所から一生出て来るなとか言う論調には賛同出来ない。

そんな事では、同種事件は防げない。


『深く思慮』をさせる余裕も必要だと思うし、
やっぱり我々、大人社会の側の問題が大きいだろうと思う。
  


Posted by 黒猫伯爵 at 07:48Comments(0)

2015年03月19日

最近の不思議な現象←

最近、酒を呑むと〆にティラミスとかレアチーズケーキとか、スイーツを食いたくなってしまふ…(←お前は女子かww)



…何故だろう??←  


Posted by 黒猫伯爵 at 19:48Comments(0)

2015年03月11日

そうだ、国道6号線を走りに行こう!

東日本大震災から4年。

福島原発のすぐ脇を通る国道6号線も、ようやく通行制限が解除された事だし。
(個人的には、まだ制限解除は時期早尚だとは思うが…)

仙台〜いわき市まで国道6号線を辿ってみました。


国道6号線の上り方向は、岩沼市で国道4号線から分岐。

その分岐点は、大震災で津波を受けた仙台空港の少し南側。

この辺りはもう、震災の影など全く見えない程。
(とは言え、仮設住宅は全然減らないし、海側に行けば嵩上げ工事の真っ最中だが。)


しかし、亘理町や山元町に入ると様子は一変。


画像は、6号線から外れて少し海側に逸れた処。


まだ、復旧すら手付かずとしか思えない程。

道路のガードレールも、仮設のパイプを括り付けてあるだけだったり、
雨水が溜まって、全然抜けて無かったり。
(朝早い時間帯で、しかも生憎の雨模様の天候故に、画像は見難いが…)

大きな建物は山元小学校だが…

震災前は周囲に住宅が並んでたんだが、
今は茫遥とした荒野に、ポツンと被災した小学校が残ってるだけ。

ホントに、全然進んで無い。単に瓦礫を片付けただけ。
放棄された土地みたい。

…多分、危険区域として住宅再建が制限されて、
街づくりも何も決まっていないからかも知れないけど…

それにしても、ホント何も進んで無い。

ちょっと先の方で、破壊された海岸堤防の再建工事が始まってるかな?ぐらい。
…未だに通行出来ない道路も有るぐらい。


ホント、現地は未だ、こんなモンですよ。


もっとも、1キロも内陸側に行くと、全く被害を受けておらず、
普段通りの生活だったりする訳で。


残念ながら内陸側に住んでると震災の記憶が『風化』しつつ有るなぁ…とも思う。
(我輩の自戒も含めて。)


場所によっては、全く被害を受けて無い・被害は既に復旧された・今、復旧の端緒に就いた処・全く手付かず…と、
その地域によって様相はバラバラの斑模様。

被災者・被災地に『取り残され感』『忘れ去られ感』が出て来てる。



国道6号線に戻り。



新地町、相馬市…と抜けて。

松川浦や相馬港も震災前に何回も行った所だから見て置きたかったが、今回は時間の都合でスルー。
次回、いわきに行く時に立ち寄ろうと思う。


そしてドンドン福島原発に近付き…


馬を散歩させてる人を2回程見た。
…あぁ、相馬野馬追いに出る馬だろうか。
桜の時期が過ぎたら、野馬追いか…



道路の脇に『猪と衝突注意』の看板を矢鱈と目にする。
…この看板は、震災前には無かった。
原発事故後に猪の棲息数が増えたとは聞いていたが…

制限区域に取り残され、野生化した犬が道路を横切ったり。



で、いよいよ制限解除された区域に突入!!

  続きを読む


Posted by 黒猫伯爵 at 19:56Comments(0)

2015年03月06日

久々のネタ日記w

J隊に入隊しました←(違w)
…という冗談はさて置き、画像のコレはJ隊の駐屯地内の売店でしか買えないモノ。パンの缶詰め。

とはいえ、中身は市販の災害用備蓄パン(乾パンでは無い!)で、ラベルだけJ隊仕様な訳だが。(笑)
…J隊内で製造してる訳じゃ無いし。

駐屯地内でしか買えないから、仕事で駐屯地に行った時しか買えないんだよね〜
(しかも売店の営業時間は限られてるし。笑)


…しっかしツッコミ処満載だわww

90式戦車ラベルの缶も有ったが、個人的には好きじゃ無いのでパス←
(性能は兎も角、デザインが気に食わん←)

で、軽装甲機動車ラベル缶をセレクト♪♪

近年のJ隊装備の中で、凄くマトモで実用的な装備だと思う。
(珍しく米軍の物真似・お仕着せじゃ無くて。)
…最も、その実用性が遺憾無く発揮出来るのが、PKOの海外派兵なんだけどね〜(苦笑)

実車の中を覗いた事が有るけど、コレ小松製作所製なんだよね。(建設機械かw)
しかもオートマ車。(笑)
…近年は73式小型トラック(←中身はパジェロw)もオートマ車だしなー。
それで路外機動(オフロード走行)大丈夫かいな??と思ってしまうけど。

で、よく見ると…

えwwちょwwwこの缶には萌えキャラが…
迷彩の作業服(←戦闘服w)着てるから、買った後で気付いたわwww

えー…J隊も萌えキャラ描く様になったか…(苦笑)

このキャラって、軽装甲機動車の擬人化キャラなのかっ?!(多分違う。笑)

名前とか設定とか有るんかなー、凄く気になるんですけどww
J隊装備品の擬人化、誰かやらんかなー…←

…いやむしろガチムチのホモキャラ描いた方が一部の腐女子に絶賛されるかも★←(マテコラwww)



もう1種類。
此方はやけにリアルな(笑)手榴弾!!!
缶パンだけに『パ〜ン』と爆発音の擬音付き!!!(←笑点かっwww)
…しかもついでに『不発弾もあるよ』…って、笑っていいのか??笑えねー…ブラックユーモアやなぁ(苦笑)



コレ、災害備蓄用だから通常の訓練で食されるよりも、
災害派遣で一般被災者に配られる分も多いと思うんだが…

隊員さんから『ハイどうぞ♪』と渡されても、ちょっと引くー…(苦笑)


誰がデザインしてんだろ??
(J隊の広報部?それとも外注?)



これ以外にも、売店では隊員さんが使ってるのと同じ作業手袋とか、迷彩柄のアンダーシャツとかも売ってるんだが…
(実際コレ着て駐屯地内でマラソンに励む隊員さん多。ガチムチ好きの腐女子パラダイス。←まだ云うかwww)
流石にそれは買わなかったけどね★  


Posted by 黒猫伯爵 at 20:43Comments(0)

2015年03月03日

本当は恐い『ひなまつり』〜呪術実践編(←違w)〜

『ひな人形』の原点は『人形(ヒトガタ)』による『流し雛』…って、このネタ、去年もやったなぁ(苦笑)

実は、その古式の呪術(厄払い)形態を良く残している神社が有る。
宮城県迫町佐沼に有る『津島神社』だ。
(迫川の右岸に位置してる。)

此処では、厄払いとして
紙人形(ヒトガタ)で身体を撫で、息を『3度』吹き掛けて水鉢に流す…という呪式が残っている。
(画像参照)
…おそらく古代は、水鉢では無く、迫川に直接流していたのだろうと推測されるが、
兎も角、これが次第に雛人形の体裁を整え、『流し雛』となり、
平安時代以降、貴族階級から雛人形の『雛段飾り』…
即ち、本来の厄払いから、娘を『お内裏様=天皇』に嫁がせ、朝廷での出世を願う呪術儀式になった訳だが…
(これは去年書いた。)


津島神社のヒトガタによる厄払い儀式で、
ヒトガタに『3度』息を吹き掛ける、という処に注目したい。

これは一昨年も書いた気がするが(笑)
数秘学では『3』が聖数である処に依る。

これは多分、世界的に古代からの共通認識だろうと思う。
(数秘学というハッキリした学問体系では無くとも。)

…よく、人は死ぬと『三途の川』を渡ると言われるが、此処でもやはり『3』である。

その聖数『3』を名前に持った、桂三枝師匠が才能に恵まれたのも、さもありなん。(そこ行くかw←)


…休題閑話。


古代に於いては、このヒトガタによる厄払い・流し雛の儀式は、
特に3月3日にやる…という訳では無かった。

これが3月3日・桃の節句に行う様になったのは、
平安時代に中国から暦と『節句』の概念が伝わり、その聖数『3』が重なる日が呪術効果が高いと思ったからこそ、
3月3日の雛祭り=天皇との政略結婚による出世を願うという『裏の意味で』雛段飾りになったのだろう。
…『表向きは』従来の流し雛(厄払い)の体裁をしつつも。

古来から中国では『桃』は『魔を払う』、『聖なる樹(の実)』と考えられて来た事も、
桃の節句=厄払いの儀式に都合が良い日取りと考えたのだろう。



さて、実践編である。(笑)

古式のヒトガタに依る厄払いのやり方は、画像の通り。(←マテ)
…比較的簡単では有るが…
(自分の髪の毛の先端を少し切り、それをヒトガタに挟めれば、尚良いだろう。)

肝心なのは、その後でヒトガタを必ず『流す』事である。
(又は焼く=神社での『お焚き上げ』でもよかろう。)
…決して、ヒトガタをそのまま持っててはいけない。
(この点、同じ雛人形を所持してて毎年出すという行為は、本来の厄払いの呪術儀式上は『有り得ない』やり方なのだ。)



…この辺、応用が利く様になって来ると。

厄払いでは無く、『呪い』の用途(=藁人形)にも使える様になるが…

その話は、ちょっと自己規制←

ヒトガタを呪いに使うのは、あくまで『禁呪』なので(笑)←

藁人形による『丑の刻参り』も、あの儀式手順には、ちゃんと呪術的な理由が有るのだ。
…良い子は絶対やらないよーに!!(笑)

やる時は、然るべき方法で!!(←止しなさいw)  


Posted by 黒猫伯爵 at 18:41Comments(0)

2015年02月21日

それは『権現頭』。 〜悪魔の四方山話〜

大阪の箕面公園に頭蓋骨が置かれていたそうだが…

日本人は元々、頭蓋骨を神聖な物として祀っていたんだよ。(笑)先祖霊・先祖神として。マヂな話。

…という訳で、たまには悪魔らしい話でもするか。(笑)

密教・修験道の方では『権現頭(獅子頭)』を祭壇に祀り、厄払いの儀式をしたりする。

この権現頭…獅子頭は先祖神・先祖霊の力を示現する物。

東日本、特に東北地方に於いては『鹿躍り(シシおどり)』と呼ばれる民俗芸能が多い。
これは西日本の『獅子舞い』とは全くの別物である。

この東日本の『シシおどり』は、元々先祖慰霊や悪霊払いの為に踊られた物だ。
(つまり『神楽』と同じ。)
この『鹿躍り・シシおどり』に被る獅子頭は、神聖な先祖霊・先祖神が宿る物であり、それを仏教・密教的な表現として『権現頭』と歪曲に言ってるだけで、
元々は直に『頭蓋骨』で有った事は間違いない。 (頭蓋骨は部族の長の頭蓋骨であり先祖神が宿る)

鹿躍りと一口に言っても、その地域・部族によって少しずつ異なる。
岩手県でも北上の『鬼剣舞』や花巻の『鹿舞い』、盛岡の『さんさ躍り』と違いが有るが、
先祖慰霊や悪霊払いとして踊られる点は共通している。
…鹿躍りの装束で背中に背負う『ササラ』。
これを躍りの中で地面に激しく打ち付ける(=音を出す、『音霊』)事で地霊・悪霊を払うのだそうだ。

さんさ躍りも、女性の装束は頭の上に(仏教的に)蓮華の花を模しているが、
その太鼓…締め太鼓の外周には縄文時代以来の呪術紋様である赤と黒のギザギザ・波形紋様が見られる。

…この辺。先祖霊・先祖神が村民・子孫を悪霊から守護するという考え方は、『道祖神信仰』と同じ。

これが本来の『氏神様』に対する信仰、本来の神道であり、
天皇を祖とする神道は大和朝廷によって人工的に統一された物。
天皇信奉は民衆の信仰とは違う。


さて頭蓋骨=先祖霊・先祖神=権現頭・獅子頭…という流れは有る程度、ご理解頂けたと思う。


徳川家康が『東照権現』として当たり前に祀られた様に、
近世・江戸時代までは神仏習合時代であり、頭蓋骨(又はミイラ、即身仏)=権現様に対する親しみの意識は当然の如く民衆の間に有ったろう。

しかし、それは西洋キリスト教諸国から見たら、まさに悪魔の所業・未開の野蛮人に見えた事も疑い様が無い。(苦笑)
…事実、修験道の所謂『即身仏』の存在を知ったカトリックの宣教師が、
『東洋に悪魔が居た!』とバチカンに報告した事も有ったそうな。(笑)
…明治維新で新政府が西洋キリスト教諸国と付き合う様になった際、それはマズイ…となったのも頷ける。
それが故に明治新政府が強引に神仏分離で『国家神道』を打ち立て、修験道を規制したのも西洋キリスト教諸国のスタンダードに合わせる側面も有ったろう。

結果から言えば、この明治新政府の方針は間違いだったろうと思う。
…間違いというよりも、メリットよりデメリットの方が大き過ぎた。
(西洋諸国のスタンダードに合わせた事が今日の日本の困難の遠因。むしろ東洋のガラパゴスの方がマシだったろう。)

頭蓋骨・権現頭に対する民衆の信仰は日本文化そのものであり、
侵略に明け暮れた野蛮な西洋人にクチを出される筋合いは無い。

…余談だが、日本人ほど『ドクロを可愛く描ける』民族は他に居ないらしい。(笑)さもありなん。


さて、その神聖な頭蓋骨を、古代の縄文人達はどの様にして得たか?

それは『鳥葬』であったろう。
(湿気の多い日本の気候風土では『風葬』は難しい。)

死体の肉を鳥に食べさせ、鳥が霊を天界に運ぶ。
…その神鳥を呼ぶ・休ませるのが神社の『鳥居』の原点である事は間違いない。

そして大方の腐肉を鳥が食べ、浄化された後で残った腐肉を取り除き、綺麗な白骨・頭蓋骨に仕上げる人達が居たろう。

これは神官や『名誉有る選ばれた人達』であると同時に、
常に感染症の危機(当時の考えでは悪霊の仕業)と隣り合わせの作業であり、彼等が一般民衆とは隔離区別されたのも自然、当然の事。

故にそれが次第に『穢れ』として敬遠され、時代と共に『被差別民』となっていったのも頷ける。

こうして得る頭蓋骨(先祖神の宿る物)が、次第に作り物の獅子頭・権現頭に置き換えられたのは…
ナマモノの生け贄(笑)が次第に『土偶』に置き換えられた流れと軌を一にするものだろう。


我々が鹿躍りを舞う様に、縄文人達は頭蓋骨を頭に載せて舞っていたのかも知れない。

『北天の鬼神』(菊地敬一氏の著、岩手日報社刊)の中で、
青森県五所川原市で撮影されたと有った写真には…

祠の前に、人間の頭蓋骨と遮光器土偶が仲良く鎮座している写真が有った。


『アラハバキを拝んだ者は、皆仲間だ。』
というキャプションと共に。



■テーブルに人の頭蓋骨=大阪・箕面市の公園
(時事通信社 - 02月20日 10:01)
view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=3282931

  続きを読む


Posted by 黒猫伯爵 at 03:44Comments(0)

2015年02月16日

何気に2015年初。(苦笑)

すっかり日記の更新が滞ってましたが、黒猫貴族会員の諸兄はお元気であられるか?

…今年初の日記更新(苦笑)なのだが、今更年始の挨拶という事も無いので省略←

兎に角、今年も各地にお邪魔するんでよろしく〜(^O^)



何でこんなに長期間、日記更新が滞っていたかと言うと…何でだろ?!←(オイぃぃぃ!!)

今年に入って、別件の仕事もやる様になったんで忙しくなった(…というよりは纏まった時間が取り難くはなった)のも有るが…

単に寒くて冬眠していたという説も有る←(蛇か熊かァァァ!!)
…ホント今年に入って、作品づくりが全く停滞。
そろそろ活動せんとマヂにヤバイわ。



そ・れ・と・♪♪(・◇・)


今年の夏前に、また以前の様なお店を持つ様になるかも知れん。
(まだ確定した話じゃ無いので、ハッキリ言えない。ごく内輪の数人には話したが…)
…以前の『ギャラリー・黒猫貴族の館』程は大きく無く、ごく小さいお店になると思いますがね。

店舗名は引き続き『黒猫貴族の館』にするつもり。

なのでこの先、だいぶ忙しくなりそう。
5月には、花巻・土沢アートマーケットも有るし。



…しかし。


ホントにいいのかそれで。(苦笑)

今年、2015年は。
我輩が数年前から悪魔の予言で『世界的動乱が起きる年』と予言してた年だからね〜(苦笑)


このタイミングで、新規にお店を始めるというのは、本当に迷いました。
…でもこれは、運というか、タイミング。
先方さんから『お店をやりませんか?』とお誘いを頂いた話ですし、
宇宙の一連の動きの中の事なんだろう、と。(←どこまでスケール拡げるねん。笑)


…あくまで、まだ確定した話じゃ無いですけどね。(笑)
年度内には可否が確定するんじゃ無いかと。
(も、確定の方向で準備は始めてるけどw)



兎に角、確定したら告知しますわ〜
(あと関係者諸兄には直接メルしま。)
…と、日記更新もシッカリやらなきゃ←



取り合えず、今月22日…は『猫の日』!!(爆)
この日は山形ビックウィングにお邪魔します★


来月、3月8日は、いわき市のLATOVU。
3月15日は気仙沼市民会館です!!



出羽ッッッ!!(・◇・)ノ  


Posted by 黒猫伯爵 at 18:24Comments(0)

2014年12月31日

今年の年越しはコレで引きこもり←

主砲、装填よオーシ!!飲み方、始ぇぇえ!! 

…って、砲術科かいっ←(笑)
安物焼酎の隣は『烏賊トンビ(口蓋)』の干物。
コレをお湯割りに入れて飲むとメチャ美味☆

このやり方は、産直の遣り手ババァ…もとい昔のお姉様(笑)に教えて貰ったんだが。
熱燗にこの烏賊トンビの干物を2〜3粒入れて少し置くと『骨酒』みたいになって美味しいぞ〜、と。
熱燗じゃ無く焼酎のお湯割りでも可。

この烏賊トンビの干物は1パック¥300円位だった。
コレで安モン焼酎でも、物凄く美味しく飲める♪♪



で、今宵は引きこもりで、飲むぞ〜(笑)



ぁ、あとツマミは『ホヤジャーキー』。
これも美味っ♪♪  


Posted by 黒猫伯爵 at 18:17Comments(0)

2014年12月30日

いっ…インド人っ?!

多賀城の極楽湯に行ったら…インド人も風呂入りに来た!!
インド人ってターバン巻いたまま風呂入るのか!!Σ( ̄□ ̄;)

…あの巨大なターバンの中には…ドラえもんの四次元ポケット並みに、色々な物が入ってるに違いなひ←(ンな訳あるかw)

8時だョ!全員集合のノリで『頭洗えよっ♪』って、思わず口に出しそうになったw
…危なかった←  


Posted by 黒猫伯爵 at 11:53Comments(0)

2014年12月24日

サンタが街にやって来た★

サンタさんが来たぞぉ〜


手斧を振り振り、馘刈り惨多さんが〜


  続きを読む


Posted by 黒猫伯爵 at 17:48Comments(0)

2014年12月23日

今年のツアーファイナル!!(笑)

一昨日の現場、山形ビックウィングに来て下さった皆様、有り難う御座いました★
今回も楽しめました〜(^ω^)


年内も残す処、あと1週間弱ですねー。
今年のツアー(笑)ファイナルも山形で〆です。

…まだ仕事自体はダラダラと続くので、今年の仕事納めは29日になりそうなんですが。
(仕事が有るのは良い事だ。笑)
去年の〆は鶴岡の現場だったが、今年は行かず←


いやーホント1年は速いわ〜(´Д`)
…こないだ大雪降ったばっかりやんけ!!(←2月のw)
と思ってたら、もう年末かー。

今年は、2月のあの大雪の印象が強いな。(苦笑)
あの大雪の中、ドゥセ×デカダンス出展と翌日の花巻なはんプラザでしたもの。


今年も各地の皆様、本当に有り難う御座いました★
m(__)m



ホント色んな処行ったよなー…

花巻は都合5回。その内特に、土澤には3回行ってて、アートイベント2回に仕事で1回。(笑)
土澤に縁が有った年ですねー。
(最早ホームか?笑)

大船渡や、いわき。大館、山形、盛岡、郡山、秋田、福島、酒田、新潟、会津、青森、一ノ関、気仙沼、水沢、石巻…

あと仕事で釜石や横手、大船渡、花巻、天童、福島と飛び回り、
新庄まつりや村山・徳内まつりも見に行ったし、山形ビエンナーレも見に行ったし。

…そうだ、羽黒山や高館山、由良に温海と古代史リサーチにも行ったっけ。
何気に山形多いな。(笑)

古代史リサーチでは、秋田、金浦も行ったし。



あー、そーいえばKHB祭りにも出展したし、根本要さんのライヴも観たっけ。
…ってか、今年はマトモに観れたライヴはコレ1本んんんーっっ?!Σ( ̄□ ̄;)
なんてこったァァァア!!/(>_<)\←


先月の杜の都のアート展&ドゥセ×デカダンスも面白かったし。


『スイカサイダー』なんてのも美味しかったし、
宮古の『たつっと浜だれ』なんて逸品も有ったなー(笑)
あと、『ほやジャーキー』とか。(笑)



まぁまぁの1年だったかな??

腰を痛めたり、年末近くなってから、また車が壊れたりしたけど。
(今度はイグニッションコイル。例によって今回も部品だけ買って自分で修理ww←)



とゆー事で(仕事納めはまだ先ですが←)今年も1年有り難う御座いました!!




…来年の仕事始めは…

1月4日、郡山のビッグパレットふくしまからです。
また来年も各地の皆様よろしくね〜(・◇・)ノ  


Posted by 黒猫伯爵 at 15:16Comments(0)

2014年12月02日

師走っ!!

今年も、もう師走ですかー。早いなー。

坊主が走るから師走。
…キリスト教の坊主が走り回る(X'masまでw)のは例年の事だが。
今年は創価学会の坊主共も走り回っとるわい…(選挙でw)


師走…仏教の坊主共が走り回る程、葬式が増える訳でも有るまいに。(爆笑)
…と、思ったが。

明治以前の神仏習合時代の坊主ならば…この時期は、年越しに向けた厄払いの儀式やら何やらで、そりゃー走り回る程忙しいか。(笑)

あと、神社の神主なー。(爆笑)
そりゃー年越し・初詣の準備で、走り回りたくなる程、忙しくなるわなww


我輩は悪魔なので(笑)走り回る程、忙しくはならんが。



さて。

今月、12月の告知っ!!

12/7【会津】会津アピオスペース

12/14【水沢】奥州市文化センター・Zホール

12/21【山形】山形ビックウィング


ですっ!!


今年は年末の鶴岡は……ちと無理ぽ。(泣)
機材車が調子悪いんでね〜、山越えはorz…(実は会津も辿り着けるか心配w 山形は電車使うから心配無いが。)

水沢Zホールは…今回逃すと、次回はいつになるやら←(苦笑)



兎に角、今月も各地の皆様よろしくねっ!!

出羽ッッ!!(・◇・)ノ  


Posted by 黒猫伯爵 at 12:23Comments(0)

2014年11月30日

アートな日々・その3〜ドゥセ×デカダンス&杜の都のアート展〜

という訳で更に前日記の続き。

11月に入り…
前からチラッと告知をしてたが、ドゥセ×デカダンス出展!

しかも11/2〜4の3日間開催…

更に!今年は開催無いだろうな〜、と思ってた杜の都のアート展が…直前になって開催案内が届き、急遽此方も出展する事に!

その杜の都のアート展は11/3開催…

ふふふ見事にダブルブッキング(苦笑)

展示作品だけアート展の会場に置いてD×Dの方に行きゃ何とかなるか…と急いで作品制作。

で。

ドゥセ×デカダンスの初日。

会場が分かり難い処で。(苦笑)
しかも入った瞬間…魚臭っ!Σ( ̄△ ̄;)
そりゃまあ朝市ビルだからねぇ(苦笑)…でも時間が経ったら換気が進んだのか、単に慣れたのか(笑)魚臭さは気にならなくなったが。

ウチのブースはコレ!(写真1枚目)
前月の土沢アートマーケットで使ったディスプレイだが、少々微調整を加えて。
最上段に『柩ドール』シリーズの作品を3体。(何の祭壇だァァ!←)

案の定…

『 何 だ あ の 怪 し い 空 間 は ? ! 』

…という反応だったみたい。(笑)
そりゃー回りが全部、ロリィタ様向けの明るいデザインやディスプレイの中で、ウチだけドス黒いゴシック・ゴシックパンクだからね〜(苦笑)

このディスプレイは搬出の都合上、初日と中日だけ。中日閉場と共に撤去して最終日は簡易ディスプレイに縮小。

こんな分かり難い場所だし、お客様全然来ないかもな〜
…との心配をよそに。開場前に早くも数人の行列が!(早えぇよ!笑)

有名ブランドのデザイナーさんのトークイベントが始まる時間頃には、会場いっぱいのお客様!(皆様トークイベント狙い?)

大盛況でした!
100人ぐらいは入ったな〜
(中日も6〜70人ぐらい、最終日は平日だったが30人ぐらい来て下さったか。)

トークイベントも面白かったな〜(^ω^)
色々参考になったり、はたまた自分達と同じだよねェ〜、と思う処が有ったり。
(個人的には最終日のトークイベントがツボでした。…デザイナーさんの年齢が我輩と近いだけに思わず…w)

お客様から色々とお声を掛けて頂いたり。

『女性作家さんだと思ってました』
…はい、よく言われます。(笑)委託店様で作品だけ見てりゃ、まさか我輩のよーな悪魔が作ってるとは思うまい。(笑)

『ピンク系統は作らないのですか?』
…いや全然作らない訳じゃ無いんだけども…黒いイメージが固定しちゃってるみたいで、ピンク系を作っても殆ど売れなかったですね。(苦笑)

他にも…
『スーパーレコードさんに置いてませんでした?』『郡山に出てませんでした?』etc…
…はい、全部我輩ですw


と、まぁドゥセ×デカダンスの話は此処まで。

次は杜の都のアート展の話。

何せ開催案内が来たのが、開催日の十日前ぐらいでしたから。(普通有り得ねーだろww)

出展者がロクに集まらんのぢゃねーの?…とタカを括ってたらば。
コッチも大盛況!…とまでは行かずとも例年の7〜8割は来てたから、コリャ凄いわい!

ウチは上記のドゥセ×デカダンスと日程がダブルブッキングだったので、作品だけ会場に放置w←

何を作るべぃ?…と考えて。

アート展の会場は、人々が往来する定禅寺通り。
パッと、道祖神に手を合わせる旅人の姿が目に浮かんだんですね。

で、例の切り紙で道祖神をイメージしたオリジナル作品を作った訳です。
(写真3、4枚目)
…コレの何処が道祖神ぢゃい!というツッコミはさて置き。

余談だが、この定禅寺通りは、その名前の由来の通り藩制時代は『定禅寺』というお寺が有ったそうな。
しかもこの定禅寺通りを西に行くと…市民会館にブチ当たるが(笑)、
更に西の方角には『定義山・西方寺』が有る。
この定義山。平家の落人が開いたとも言われるが…ちと山伏・山岳信仰も関係するんじゃ無いかしら?と思うので、
その内、定義の『三角油あげ』を喰いに…違うがな!(笑)リサーチに行きたいものだ。

…休題閑話。

アート展当日は少々風も強く、時折、時雨が降る天候だったし、作品だけ放置して作家本人不在という(苦笑)状態なので、
紙製の作品だし、兎に角、風に飛ばされたり破損しない様に固定したのだが…ゴチャっとした感じになっちゃったな。

ホントはもう少し拡げて展示した方が見映えするのだが…

でも撤収時間に作品回収に行ったら全く問題無く。破損箇所も無く。

こりゃー屋外展示でも割と大丈夫そうだなー、と自信が持てました。

来年以降も、このシリーズ作ろう〜(笑)  


Posted by 黒猫伯爵 at 05:57Comments(0)

2014年11月28日

アートな日々・その2〜土沢アートマーケット編〜

前日記に引き続き。

10月には花巻市東和町(例の合併で花巻市になった←)で開催された土沢アートマーケットに出展しましたー★

土日開催で、初日の土曜日は不安定な天候で雨に祟られたが、2日目の日曜日は好天。

今回はディスプレイに凝ろうと考えて。(笑)
以前『黒猫貴族の館』の実店舗で使ってたカウンターを改修して持ち込み、
『柩ドール』シリーズの作品を3体並べ、更に切り紙(キリコ)やら御幣を立てました。
(何の祭壇だよwwww←)
…このディスプレイ自体は11月のドゥセ×デカダンスに持ち込む為の事前テストでもあったんだが…



何人か、写真を撮っていいですか?と言って来る人も居たので、まずまず成功かな?

特にディスプレイの両サイドに紙垂を配してた訳だが、
風にヒラヒラと揺れてイイ感じ♪♪
(写真1枚目)

これに興味を持って話し掛けて来られた方も居まして、色々話し込んだり。
(後で江釣子神社に行ってみる…と言っておられたが、我輩の作ってるのはオリジナルだから神社に行っても手に入らないw)



この時期(10/11〜11/9まで)ちょうど同じ町で『アート@土沢』というアートイベントが開催されてまして。
(我輩も、前述の切り紙展示企画で応募してたんだが…落ちたw)
全部は見れなかったが、出展場所から近い所の展示作品は見れました♪♪

…民家の壁に、漆喰の『鏝絵』が有ったり、写真展やってたり、駅前には巨大な赤電話が置かれてたり。
(赤電話なんて見た事無い人も増えてるだろうね。そういう人達は、何なのか解らなかったかも。苦笑)



そして、写真2枚目と3枚目がアートマーケットでの戦利品★

方言シリーズと………ワンコ(犬)が給仕をする『わんこそば』!!岩手名物!!
流石、岩手wwww地元愛wwww
ワンコそば…そー来たかwww

岩手の方言シリーズは…南部弁と仙台弁で共通の同じ処も比較的有るから、ツボでしたわー♪♪
『ねまれ』『かさっと』『たまな』『書がさる』『うるがす』『てろんてろん』『ゆぷてぇ』『がおる』『すっぱね』『たつっと』『ぺっこ(仙台弁だと、ばっこ)』『なげる』
…幾つ分かりました??(笑)
我輩なんかは思わず『そうそうそう!!!』と爆笑してしまうクチだが。(笑)


他にもいっぱい面白いのが有って…

手捻り陶器の小さいキャラクター人形(?)、土ぼっくりの『うんたま君』なんてのを作ってる方が居たり。
…ご想像の通り、ウn(以下自粛w)を頭に乗せたキャラクター!!

『ゆ』(ゆーてぃ)かいっwwww(知ってる人は知っているwwwwあの人←)

その『うんたま君』のキャラクター設定やら仲間の種類やらが超絶に面白くてwww
作家さんのトークも面白かったな〜(^◇^)



あとは、地元商店の『きのこ屋』のキノコ汁を食したり。
(食もアートだ!!笑)




そうそう、この『アート@土沢』の期間中。
土沢商店街の特設ギャラリーショップで我輩の作品も幾つか置いて貰ったのだが…

多分、ひとつも売れないだろうな…との予想に反して。

何故か、ウチのオリジナルキャラクター『怒黒くん』グッズが完売?!だ…と…っ?!(@_@;)
…マジですか。物好きが居たもんだなー(←お前が謂うなw)

小さくて単価の安い物だったからかも知れんが…普段は殆ど売れないのに。(苦笑)

…アレだ。
ウチの場合、普段のディスプレイが怪しすぎて近付いて来ないのと、他の作品に紛れて小さい作品が目立たないんだ、多分。(苦笑)



微妙に狙い目を外したか…(苦笑)



この土沢アートマーケット。

次回は来年5月。
GWの5月3日・4日の開催という事なので、また次回も出展する予定★  


Posted by 黒猫伯爵 at 04:52Comments(0)

2014年11月27日

アートな日々・その1〜山形ビエンナーレ編〜

とゆー訳で。

9月に有った『みちのおく芸術祭 山形ビエンナーレ2014』の話。

タイトルからして面白そうで、パンフ写真も実に民族的というか、そそる感じ(笑)だったので行って観よう!
ってな訳で、車にチャリ積んでGO!


山形市内何ヶ所かに分散して開催されてたので1日で全部は回れないが、一応メイン会場?の文翔館(旧山形県庁)へ。
…此処は建物自体が素敵な洋館で文化財にも指定されてる。
(よく使わせてくれたよなー。山形のお役人は理解が有るとみえる。笑)

洋館好きの我輩はニヘニヘ(^q^)← 写真撮りまくり。

…おっとイカン、本題忘れる処だった←

会場内は幾つも企画や展示が有り。

山形の名所・名物をイラスト化したシリーズが有ったり。
(『ゲソ天そば』とか『オランダせんべい』とかww何気にツボったww)

別の部屋では蔵王の山で拾った大量の木の枝に、一心不乱で顔を彫ってる作家さんが居たり。
(何と本当の山伏さん!これまた山形ならではか。年齢は若かったが。)

中庭では…何と創作料理もアートに!(笑)
それも単なる創作料理というのでは無く、山形各地の伝統的保存食(干し大根やら、おみ漬けやら、栃餅やら、くぢら餅やら各種山菜の干物から漬物…)をベースに。

会場内の特設ブースには、各種の野菜が干物としてぶら下がり、瓶詰めの各種漬物が並んで鮮やかでカラフルな色合いを見せるという…(写真2、3枚目。)
更に、古い大きな味噌樽を加工して作った調理器具たる囲炉裏もアート作品!

しかも約1ヶ月の期間中の間。
その漬物・干物の色合いの自然変化すらもアートとして見せるという!

…干物もアートだよなぁ(笑)
宮城だと凍み豆腐とか凍み大根、干し柿なんかも、干し方・見方では素晴らしいアートになる筈。


そうそう!
展示ギャラリーの内、1部屋には…
既に『有機EL照明器具』が採り入れられてました!

これも山形。
LED照明の次の世代の照明と言われる有機EL照明。
これを世界で初めて実用化したのも山形の企業で、既に市販化され採用されてる。

うーん、凄いな。
アーティストも企業もお役所も、上手く連携が取れてる。


もうひとつ。会場各所で常駐スタッフさんが使ってたのが…
『石巻工房』の木製イス!
…こういった形での被災地支援は本当に有り難いですね〜(^ω^)



で、チャリで次の会場に移動〜


山形まなび館(これまた閉校した小学校だが洋館風。)では山形を旅する『ホソミチくん』の漫画が展示されてたり。


やまがた芸術学舎(これまた旧山形知事公館)では、
朝は魚市場で働き・午後は自宅で絵を描く生活という、
地元山形のスガノサカエ氏の展示が!

作品の中には、市場で使い終わった伝票やら段ボールに描かれた作品も有ったり。
作風はエネルギッシュで、土俗的な部分もあり…何となく岡本太郎氏の影響も感じる。

…うーん、まさにプロレタリア芸術を体現してるよーな作家さんだぞ。


更に、旧・西村写真館(廃業した写真館、民有の建物。)では、『鬼』をテーマにした詩作や服…


この西村写真館(写真4枚目)もだが…
山形には古い洋館が数多く残ってんのね。
洋館好きには堪らんパラダイス★(笑)

で、会場間の移動で街をチャリでウロカラすてだっけ、(←いきなり仙台弁w)
良い雰囲気の古い建物を次々に発見、ニヘニヘしつつ写真を撮りまくり←

なかには、大きくは無いが随分立派な洋館だなぁ…と思ったら。
何と現役で使われてるお医者さんの建物wwwマジでかwww


何十枚撮ったかなー、もー全部は日記で公開しきれん!
…写真のプリント代が怖ぇぇ!/(^p^)\←


あと山形城(霞城)にも行ったし、済生館(現・山形郷土館だが、明治期の病院建物。)も行ったし。
…山形城は市街地よりも標高が低い平地に有るという…
築城や軍事戦略の基本原則をガン無視ですか最上氏wwww(や、他の理由…水利と西部の湿地帯を防壁にしたんだと思う。)



まー、1日でアートと洋館を腹いっぱい満喫しましたわー(笑)



観れなかったけど、他にも展示会場・展示企画も有ったし、ライヴも有ったし、リンク企画の山形国際ドキュメンタリー映画祭の企画やらトークイベントやらツアー企画やら…


面白いなー山形。山形芸術工科大学の存在が大きいとは言え。

隣の宮城県では、何故こんな面白い事が出来ないんだ?!

…はい、文句を言う前に、お前がやれよ!!って話ですね←

がんば…り…まs…(バタッ←)  


Posted by 黒猫伯爵 at 07:32Comments(0)